ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2015年7月14日(火曜日)

勝手にSPERIOクロニクル@FC STEAM戦

カテゴリー: - yamaneko @ 03時49分01秒

 2015シーズンもいよいよ後半戦に突入。第8節の対戦相手はFC STEAMさんです。

 このクラブは、ユース年台の育成は京都で、社会人のトップチームは東京都リーグで活動という、ユニークな運営をされていて、京都ではあの高校サッカーの強豪、久御山高校の監督である松本悟さんが指導に当たっているようです。

 東京で活動するトップチームには、元JリーガーやJFLでのプレー経験者など、高い経験値を有するプレーヤーが在籍しており油断はできません。ただ全体的にチームの年齢構成は高めなので、走力勝負に持ち込んでしまいたいところではあります。

 実際、2年前のリーグ戦で対戦した時は城北が9-0で勝利しているのですが、9月のデーゲームということもあって暑かったせいでしょうか、相手の運動量が極端に少なかったことがとても印象に残っています。サイドチェンジしても逆サイドの選手がスライドして戻ってこないもんだから、ピッチ中央がガラ空き、みたいな状況になってて、やりたい放題だったんですけど・・・まあ、あくまで2年前のことですから、これを基準に考えるわけにはいきません。

 両チームの先発メンバーは以下の通りです。

 城北のフォーメーションはいつもの4-4-2。
 今節はコンディションの観点から成岡をベンチに温存して左CHに小林築を起用。そしてすっかりCHのポジションを勝ち取った田熊が今日も先発です。
 DFラインは右CBにホリケン、左SBには稲畑を入れた“対空中戦”仕様。

 対するFC STEAMは4-5-1のようでしたね。
 こうして背番号を並べて確認してみますと、FC STEAMの公式サイトのメンバーリストには掲示がない背番号が21、25、32、36と目立ちますので、やはり最近の加入選手も多いのだろうと推察されます。

■Match Report

 前半は、果敢に高いDFラインを維持しあう両チームが狭いエリアの中で素早く攻守の切り替えをくり返す好ゲーム。FC STEAMの選手の出足がよく、ボールホルダーに対しても厳しくアプローチしてきたため、城北としては攻めの形を作るのに苦労させられた印象です。

 加えて、FC STEAMの選手はプレッシャーを受けながらもボールを保持するスキルが高く、落ち着きがありました。そのため、城北はプレスがはまらなかったあとに相手のポゼッションに対してブロックを作って粘り強く守るという、これまでの対戦相手には許してこなかった時間帯も強いられることになりました。

 特にやっかいだったのはトップ下に入っていた#36の選手。前半5分に見せた柔らかいトラップからの反転→ループシュートなど、アウェイ会場に集まった城北サポも思わず唸るテクニックもあり、非常に危険な選手でした。この選手がフリーマンのような形でボールの近くや中盤の底に積極的に顔を出してビルドアップに加わると、4-4-2と4-5-1のかみ合わせから生じる中盤のミスマッチが顕著になり、これが相手にポゼッションを渡す時間帯を作ってしまう要因ともなっていたようです。

 城北は前半15分にCKから長澤のバイシクルシュート、24分には相手のセットプレイをはね返してからのカウンターなどでチャンスを作りましたが、前者はGKのナイスセーブ、後者はオフサイドと、得点を挙げられないまま0-0で前半を終了します。

 城北・吉見監督は後半頭から小林築に変えて成岡を投入。成岡を軸に丁寧にボールをまわしてサイドからの攻撃を徹底し、さらにセカンドボールを拾って執拗に波状攻撃をしかけます。

 これだけボールを回されると大抵マークがずれたりギャップができたりするものですが、サイドへの侵入はある程度許しても中央ではね返す、という割り切りがあったのか、上背のある二人のCBを中心に集中力を高く維持する相手の守備網はなかなかほころびを見せません。

 その後城北は後半16分に稲見→小池、24分に稲畑→原田、27分に米口→西松と、次々に攻撃的な選手を投入して膠着したゲームの打開をはかります。最終的にはこんな感じ。

 これが効を奏して、ヨネに替わって右SBにポジションを移したばかりの田熊が高い位置でボールを奪取すると、シンペーの無回転ブレ玉ミドルのこぼれ球に右SHにポジションを移した満城が詰めて先制に成功。
 吉見監督もさすがにここまで展開を読んでいた訳ではないでしょうが、ポジション変更がバッチリとはまった格好です。それにしても、満城君というのは不思議な選手です。彼の前には何故かこういうボールがこぼれてくるんですね。

 後半31分、相手に鮮やかなミドルシュートを決められて(あれはしょうがない)同点に追いつかれてしまいましたが、この時間帯になるとFC STEAMには足を攣る選手が続出。運動量が低下してようやく中盤にもスペースができてきたことで、長澤や小池がライン間の浮いたポジションで起点を作ることができるようになってきました。成岡と西松の両CHが粘り強く組み立てを続けますが、しかしゴール前を固める相手を崩すには至らない。

 いよいよドローを意識せざるを得ない後半アディショナルタイム、原田がファーに送ったクロスを満城が頭で落とし、PA内でシュートモーションに入ろうとした小池を相手DFが引っかけて倒し、主審は迷わずPKスポットを指さします! PKスポットに立ったのはわれらがバンディエラ、渡邉信平。思い切りよくゴール左隅に突き刺し決勝のゴール! スペリオ城北が本当に苦しみながらも勝ち点3を獲得し、開幕からの連勝を8に伸ばしたのでした。
 
【2015】SPERIO城北− FC STEAM【TSL-8】

 

第49回東京都社会人サッカーリーグ 第8節
中央学院大学つくし野グラウンド
2015/7/12 18:00 Kick Off

SPERIO城北 2 - 1 FC STEAM

■得点者
満城 ’68
FC STEAM #22 ’71
渡邉 ’80
 
 
 * * * *

  
 本当に苦しい試合でした。FC STEAMは2年前とはまるで別ものの、力強く戦うチームになっていました。2年の間に成長するのは自分たちだけではなく、対戦相手も同様に、あるいはそれ以上に成長しているのです。だからこそ、フットボールでは“停滞は後退と同義”だと言われるのですね。
 
 そしてこの試合の勝利は、交代選手やスタッフも含めた、クラブ全員の貢献があってこその勝利です。

 築が前半頑張ってくれたからこそ、後半にフレッシュな状態で成岡を投入できたわけだし、西松の落ち着いたビルドアップは攻撃のリズムを作っていく上でとても効いていました。
 PK奪取に繋がったのは途中から投入された原田のクロスだし、PKをもらったのも同じく途中出場の小池です。本当に交代で入った選手たちがそれぞれ頑張ってくれたのがわかります。みんな先発で出たい気持ちはヤマヤマだろうけど、よく準備していてくれました・・・。そしてその選手たちをピッチに送り出す吉見監督の眼力。

 もちろん、この試合には出られなかった選手もきっとベンチから声をかけてくれていたに違いないし、マネージャーの千春君はマメに給水ボトルを配置して選手の運動量を維持できるように心を配ってくれていました。そういう小さな気配りが、最後に試合の行方を分けたとも言えるのでは?

 こうして一人一人が自分のがんばれるところで、「違い」を作り出すために努力を続けることができれば、これからの更に厳しい戦いも、きっと乗り越えられると信じています。

 私たちサポーターも同じ思いで、少しずつ力を集めて、貢献を果たしたい。
 
 そして、今日は何と言ってもシンペー。

 ・・・いや信平さん。

 後ろから寄せてくる相手にフェイント一発かまして外してから、利き足じゃない左足で無回転ミドルとか、信平さんマジパねぇっす。

 あのPKんときも、信平さんまっさきにボールもってPKスポットに立ってましたよね。

 「男気」、っつうんですかね、ホント、あの背中みたらもう、一生この人についてくしかねーって、思ったっす・・・
 
 

   
 ――と、追わず口調がパシリの下っ端ヤンキー調に変わってしまうくらい、この試合でのシンペーの「勝負根性」には感服させられました。

 次節はホーム赤スポに戻って品川FCとの対戦です。ここで勝たないと今日の勝利も無駄になってしまいますから、きっちりと勝ち点3、9連勝を目指しましょう!

 

 


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://yamaneko-bookstore.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/1211

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


28 queries. 0.073 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2015年 7月
« 6月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET