ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2015年5月19日(火曜日)

勝手にSPERIOクロニクル@タイガーサッカークラブ戦

カテゴリー: - yamaneko @ 19時15分14秒

 SPERIO城北、今節の対戦相手はタイガーサッカークラブさんです。このクラブは2008年に城北が3部で優勝を争った相手。その時の試合レポはこちらです。

 勝手に「ランシールズ戦記」 クライマックス!(2008/10/12)

 これ読むと、結果としては勝ったものの、試合内容では相当押されていたのがわかります。正直、2部で再び相まみえることになろうとは思いもしなったのですがね。それは相手も同じかも。それにしても7年も前の文章を読むのは恥ずかしいですなw

 さて、例によって今日も相手の情報はほとんどありません。スターティングフォーメーションは4-5-1っぽい感じでしたね。

 一方城北のフォーメーションは慣れ親しんだ4-4-2。しかしメンバーは大きく変えてきました。ポジションをめぐるチーム内競争が激しくなっているのが如実に伝わってきます。

 スターティングメンバーに長澤の名前がありませんが、何と休日のフットサルで肩を脱臼したとのこと。競り合いの多いポジションだけに脱臼がクセになるといけませんから、ここはしっかり治してもらいたいことろです。というわけでこの日は磯部と、前節で城北加入後の記念すべき初ゴールを挙げた満城が前線でコンビを組みます。

 さて試合のおおまかな流れは例によって動画でご確認いただくとして、いろいろとプレーのディテールに注目していきたいと思います。

 相手は4-5-1のワントップですから、普通にしてるだけでもDFラインは数的優位です。しかもFWの#17番は割とボールを追ってくるけれども、トップ下の#10がそんなに積極的にプレスをかけてこないので、城北のDFラインでのボールまわしは安定してました。それに成岡やキズ(小林築選手ね)が折良く加わってくるのでここでの優位は盤石でした。

 で、城北の最終ラインへのプレスを放棄するとモッチーの高精度のフィードがばんばん飛んでくることになります。先制点の起点となったのもこれでした。モッチーからヨネへの正確なサイドチェンジパスです。特にこの場面、城北陣内でのスローインからのリスタートでしたから、相手はスタートポジションでセットした状態になっていて、よけいにプレスにこられなかった。

 ヨネにボールが出るのを見計らって稲見が右サイドタッチラインまで大きく開いて幅をとります。

 その動きに左SB#4が引っ張られていったので、#22との間のスペースが大きくなりました。ヨネは前方の稲見にパスをつける。#4と#22の間にできた大きなスペース目指して磯部が#22の背後の死角から一気にスプリント。磯部は本当にこういうスペースを見つけて使うのが上手い。

 急に磯部に前に出られたので#22もスピードを上げて追走しますが、磯部のポストプレーを妨げるにはいたらない。

 磯部は稲見から受けたパスをワンタッチでヨネに落とし、ヨネもワンタッチでDFラインの裏にスルーパスを通す。この辺のパスセンスはまさにヨネの真骨頂。

 このポストプレーで局面に絡んでいたタイガーの4人のDFは全員ボールに目が行ってしまった。

 パスアンドゴーで#4の背後を走り抜ける亮太。#4も追走するがボールを見ていた分だけスタートが遅れているため、すでにトップスピードに乗っている亮太に追いつけない。

 亮太はゴール前にキーパーとDFがともに触れない絶妙な精度のグラウンダーのクロスを送る。ゴール前では満城がDFの背後からギャップに抜け出して見事に合わせてゴール!

 とまあ、プレーに絡んだ選手がそれぞれの良さを存分に発揮した先制点でありました。

* * * * *

 続いて2点目。ここでもモッチーのフィード能力の高さが光りました。

 相手ボールのスローインからのリスタート。城北左サイドから入れられたボールを#10が中でフリック。このボールをモッチーがインターセプトするやいなや、即座にズバッと縦パスを磯部まで通します。

 パスコースに顔を出した磯部もまたエライ!

 磯部はワンタッチで成岡に落とす。そして成岡のファーストタッチがまた絶妙。DFの足の届かないところに置いてスライディングもかわすと、開けた局面は4対2。

 ここで成岡に前向かれたらかなりヤバいです。岡田、満城、磯部がDFラインの裏をめがけて一気に動き出す。

 しかし成岡には#5がマークについて最も危険な中央へのパスを防ぎにくる。そこで成岡が選択したのは大外をフリーで駆け上がってくる稲見。

 この辺の視野の広さがさすがの成岡。しかも、ここで大きくサイドを変えたことは、PA内に人数を揃える時間を作る効果もありました。稲見のトラップはやや大きくなってDFに対応されましたが、こぼれ球を満城が押し込み2点目。

 これを7点分やってるといつまでたっても終わらないのでこの辺にしておきますが、特筆したいのは磯部のチャンスメイクへの貢献です。

 この試合では得点こそ決められなかったものの、いかに磯部の気の利いた動きが城北の攻撃を活性化しているかおわかりいただけたでしょう。

 さらに言うと、今年の城北はセットプレー、特にショートコーナーからの得点が多いんですが、これもキッカーと磯部のコンビネーションだったりします。2節のJGFC戦の2点目、3節のC.A.REAL.TOKYO戦の2点目、そしてこの試合の4点目です。実は全部磯部がからんでます。ラストパスの一つ前、二つ前で決定的な場面を作るお膳立てをしていたのが今季の磯部なのです。

 その磯部ですが、この試合をもってモンテネグロに移籍・・・ではなく(笑)、教育実習など学業のために3ヶ月間チームを離れることとなりました。どうかそちらも存分に頑張って9月には元気に帰ってきて下さい。その頃にはきっと優勝争いの真っ最中のはずですから、かならず磯部君の力が必要になります。待ってますよ〜。いろいろ忙しいとは思いますが、どうかコンディションをあんまり落とさないでほしいかも。

 というワケで、昨シーズンから爆発的な破壊力でゴールを量産してきた長澤&磯部のツートップは、磯部の学業専念と長澤の負傷離脱のためしばらくおあずけ、ということになってしまいました。この試合で見事にハットトリックを達成した満城は、十分今後の目処が立ったと言えますが、さて相方をどうするか・・・。

 私としては今年の新加入選手で、地元赤羽岩淵中出身にして、高校サッカーの強豪校・実践学園で9番を背負っていた小池将史選手のプレーをぜひ見てみたいところですが、同じく新加入の関川直希選手、そしてこの人を忘れちゃいけない、チーム最年長の山本勉選手も当然ポジションを虎視眈々と狙っていることでしょう。磯部と似たようなチャンスメイクの役割を期待するなら、西松を前で使ってみるのも面白い気もします。今後、吉見監督がどういう選択をしてくるか大いに注目です。

 いや〜、書きたいことが多くて困る。岡田選手の移籍後初ゴールはDFの動きに冷静に対応した実にいいシュートだったですし、稲畑のサイドバックの守備の固さはリリアン・テュラムみたい(古いかw)だし、成岡は・・・もうとにかく 「 The 成岡 」 だしw

 そんな中でも、やっぱり一番「おめでとう」を伝えたいのはホリケンでしょう。

 膝の大きな故障で2年ちかくプレーできなかったホリケン。今シーズンようやくプレーできるようになって、途中出場や練習試合で体力・筋力を回復させながら、ついにスタメンに帰ってきてくれました。
 相手のクサビを潰しにいく出足の速さ、寄せの厳しさを見るにつけ、今日の試合にかけるホリケンの意気込みがビリビリと伝わってきました。特にすごかったのはこのシーン。

 GKの右SBへのスローからゆっくり左へとボールを動かすタイガーSC。磯部の前プレがかわされ、その後はポジションが崩れているので間合いをはかる城北。タイガー左SBがCHにパスを付けようとした、その瞬間・・・

 ん・・・?

( ゚ Д゚)?

 どしゃああーーーっ!

 FWやトップ下にボールが入ったてんならともかく、CHですからね・・・これは相手からしたらタマらんでしょう。自陣の、しかもセンターサークルより前ですよあーた。これじゃビルドアップどころじゃないw

 ピンチの“芽を摘む”どころか、“種から掘り返す”ようなタックルです。まさに鬼気迫るものがあります。

 伝わった、伝わったぞ! ホリケン!! 本当にお帰り!

 注記:もう一度よく映像見直したら、タックル受けてたのは#12で、#10と交代してFWに入った選手でした。同じ時間にCHの#24も#33と交代していたのに加えて、ボールを受けた位置が位置だっただけに勘違いしちゃったテヘペロ。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://yamaneko-bookstore.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/1203

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


28 queries. 0.044 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2015年 5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET