ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2011年4月6日(水曜日)

亡きパソコンのためのパヴァーヌ

カテゴリー: - yamaneko @ 23時46分49秒

 ようやく先日再発注したノートPCが届きました!

 いや〜、やっと、と言うべきか、ついに、というべきか。

 パソコンを新調しようと決心して一旦DELL社に発注したのが3月7日。

 その後あの震災。

 ある程度の遅れもやむなしと覚悟し、そして実際大幅に納期が遅れたのだけれど、さすがにあまりに遅いと思いサポートに問い合わせをしてみると、その遅れの原因が実は地震とは全っ然関係のないことだったとわかり、DELL社への不信感がゴゴゴゴ。

 速攻で注文をキャンセルし、アキバのショップブランドのノートPCに変更。

 実はこちらも最初に提示された納期からは4日ほど遅くなっていて、「予定納期が一番早いからここを選んだのに〜」と思いながらヤキモキ。注文状況のトレースで確認すると、PCの組み上げ完了から動作確認までに時間がかかっていたようでした(土日を挟んだからかも)。

 まあ何にせよ、結局ほぼ決意してから一月弱かかってようやくパソコンが手に入ったわけですが、いや〜、パソコン買うのってこんなに大変だったっけ? 完成品のパソコン買うのなんてかれこれ15年ぶりですよw

 そういえば思い返せばワタクシがまだ高校一年生のみぎり、入学祝にと初めてパソコンを買ってもらった時には、注文から実際に手に届くまで3ヶ月ちかく待たされた思い出が…あの時買ってもらったのは「PC8801-MK供廚任靴(ここ重要)

 いいですか?

 そもそもPC8801MK兇糧売は1983年11月です。

 私が発注したのは入学祝ですから当然1984年の4月です。

 ね?バリバリの新型機種じゃありませんか。そして納品に3ヶ月かかったわけですから、私の手がはじめてこのパソコンに触れたのはもう7月。

 …お察しのいい方ならお分かりいただけますね?

 翌1985年1月、大幅に性能のアップした「PC-8801MKSR」発売。

 要するにですよ、私が待って待って待ちに待って、ようやく手に入れた夢のパソコンは、手にしてわずか半年で「型落ち」モデルになってしまったのです。

 ただ単に型番に「SR」がつくだけのマイナーチェンジじゃないの?ですって? ノンノンノン、モ・ナミ、両者の機能の違いを一言で表すなら、そう、ズバリ、ファミコンとプレイステーションくらい違うのですよこれが!

 演算能力。画像処理速度。豊かな色彩と音楽の表現力。

 …両者の間の性能差は、まさに決定的とも言えるものでした。

 そして「SR」の高度な能力を利用して次々と「SR専用」のソフトが開発されていったのです。そうして「PC-8801MKSR」は、ゲーム&ホビーPCとして磐石たる地位を築き、偉大なる名機として日本パソコン史に燦然とその名を輝かしているのです。

 一方、私のような無印のMK競罅璽供爾呂噺世┐弌FM7ユーザーやX1ユーザーたちから浴びせられる「優越感に満ちた慰めの言葉」の屈辱に耐えながら、BEEP音を加工した珍妙なBGMで『ザナドゥ』をプレイし、あるいはBGMや効果音なしで『テグザー』をプレイしていたのです。

 その姿はまるで棄民。そう、私たちはNECに騙され、打ち捨てられたのだああーーーーっ!

 こ・の・ウ・ラ・ミ・は・ら・さ・で・お・く・べ・き・か!!!

 ・・・まあ、当時は今ほどパソコンの新機種についての先行情報が豊富に発信されていはいませんでしたし、CPUやチップセットのロードマップ何てものも当然ながら存在しないわけです。そもそも当時のパソコン市場は、今と違って毎年新しいモデルが投入されるような市場ではありませんでしたしね。
 そして、今のパソコンはOSが統一されていてどこのメーカーのパソコンを買ってもたいした違いはありませんが、あの当時は各メーカーがそれぞれ独自のOS(って言っていいのかな)でブランドを打ち出していたので、どのメーカーを選択するかはいわばある種の「信仰告白」的な趣もあったのです。
 私も田舎の中学生なりにがんばって情報収集して、「I/O」読んだり「ベーマガ」読んだり、札幌にいけば必ずツクモ電気に行ってせっせとカタログ集めてきたりと、涙ぐましい努力をしたつもりですが、よもや発売からわずか1年で新型が発表されるとは…私はむしろ「8801」というブランドの将来性と可能性を信じていたのですよ。その予測は確かに半分は当たっていて、半分は外れたことになるわけですが、そしてその半分のはずれがまったく「致命的」だったわけで。

 しかしともかく、いまだにこんな昔のことを持ち出してグチグチ言うほどその恨みは骨髄に徹している訳でして、私はそれ以降「アンチNEC」の立場を一貫しておるのでありましたw


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://yamaneko-bookstore.com/modules/wordpress/wp-trackback.php/1054

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


28 queries. 0.041 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2011年 4月
« 3月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET