ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2015年6月16日(火曜日)

勝手にSPERIOクロニクル @対第一三共サッカー部戦

カテゴリー: - yamaneko @ 17時08分06秒

 スペリオ城北、第6節の対戦相手は第一三共サッカー部。

 リーグ戦での対戦は相当久しぶりです。スターティングラインナップは以下の通り。

 試合の経過はいつものように動画でご確認いただくとしまして、いやー、実に何とも、きわどい試合を演じてしまいました。

 後半ATに満城が成岡からのクロスをファーで詰めて決勝ゴールをあげることができましたが、試合終わった時、膝が震えましたよマジで。満城君は“何か”を起こすね。なんというか、以前城北に在籍していた選手で言うと、根立と川口を足して二で割ったような選手です。

第49回東京都社会人サッカーリーグ 第6節
2015/6/14 16:00
北区赤羽スポーツの森公園競技場

SPERIO城北 3 - 2 第一三共サッカー部

■得点者
‘12 小池
‘48 第一三共 #17
‘51 第一三共 #15
‘55 成岡
‘80 満城

■アシスト
満城1 小林1 成岡1

* * * *

 さてサッカーの試合中、しばしば「集中しろ!」という声を聞きます。これは選手もサポーターもよくかける言葉なのですが、私は以前から「集中しろ!」って言われるとかえって無駄に緊張しちゃうんじゃないかなー、とボンヤリ思っていたことがあります。

 そもそも「集中しろ!」と言われて、心の中でただ「集中!集中!」と唱えているだけでは念仏とさほど変わりません。何に対して集中していくべきなのかがわかっている必要があるはずです。

 そして「集中しろ!」というのをしっかりと言語化するなら、「今の局面で自分がするべきタスクに“集中しろ!”」ということであるはずですよね。

 つまり、まずゲームの局面を正しく認識して、自分の遂行するべきタスクがはっきりとわかってはじめて、それにむけての集中力というものが発揮できるようになるのだと思うのです。

 自分のやるべきことがわかれば、少なくともプレーを行う上での「迷い」はなくなりますし、迷いがなければ「不安」も生じず、プレー精度も向上する・・・はずです。チームでの戦術的な約束事を決める意義もここにあります。各自のタスクを明確にするのです。

 ただサッカーにおける状況認識というのは、ボールの状態、自分がマークすべき相手、その周囲にいる相手選手、近くの味方の位置、遠くの味方の位置、点差、時間帯など実に多くの要素から成り立っていて、しかもそれが刻々と変化します。

 さらに、こうした大局的な認識をベースに、自分の身体をどのように使ってどういうプレーを選択するか、というミニマムな選択も一瞬でしなくてはなりません。ものすごい情報処理量です。しかもそうした知的な作業を心拍数が150から180の間で上下する運動強度のなかで行うのです。すげー。

 と、いう訳で、こうした情報処理を行っていくためには、言葉を用いた「 思考 」では追いつけません。視覚で収集した大量の情報を一瞬で処理する「 直観 」が必要となります。直“感”じゃないですよ。直“観”です。

 だからこそ、ゲームの中で起きうる様々な状況を想定した練習の反復が重要なのですね。そうすることで< 認知 → 判断 → 実行 >という処理プロセスをパターン化して身体に落とし込み、< 認知 → 実行 > へと処理をショートカットすることができれば、プレースピードの向上につながります。

 また、「こういう時はこうする」というように、長年のプレー経験によって処理パターンを蓄積し、状況に対する多様な「解答」を多く持っているベテラン選手が貴重な理由もここにあります。

 さてしかし、人間の視野というのは、左右方向にせいぜい120度、つまり360度の三分の一程度しか見えないわけで、ゲームの全体状況を俯瞰で把握する、というような芸当はまったく容易なことではありません。だから常に首を振って多くの視覚情報を収集すると同時に、常に状況認識を最新のものに更新していく必要があるわけです。

 “大空のサムライ”として有名な日本海軍の撃墜王、坂井三郎は、

 「見張りは前が2、後ろが9。初心者は、撃つ前に後ろを見よ。上級者は、撃つ前に後ろを見ないですむよう周囲の状況を把握しておけ。」

 との名言を残しています。「2+9は11で、数が合いません」とか思った奴! 前に出ろ! 歯を食いしばれ! 生き残りたければ首を振れ、と言っておるのだ!

 えーと、途中でキャラが崩壊してしまいましたが、話を戻します。

 戦闘機での空中戦で一番危ないのは真っ直ぐ飛んでいる時だそうです。だからパイロットは常に機を横滑りさせたり、旋回したりして敵から自機を狙われにくくします。しかし、敵機を照準して射撃に入る時だけは、どうしても真っ直ぐ飛ばなければならないし、視線を照準器内の敵機に集中させなくてはなりません。しかも敵機の後にいることから、自分が“優位”に立っていると思っている。だから、実は周囲が見えず、油断が生じやすいこの瞬間が一番危ない。常に後に気をつけろ、というわけです。

 サッカーでも、イニエスタあたりの変態は別として、ボールを扱う時はやはり視線がボールに集中します。周囲を見られない瞬間はあるわけです。DFがボールホルダーに詰めてくるのも、こういう時ですね。そして人間の視界は限定されていますから、背後の動きはどうしたって見えない。こういう時は周囲の仲間が「声」で状況を教えてやらなくちゃいけません。

 やっと今日の本題に到達しました。長々前置きを書いてきましたが、先日の試合での城北のプレーの問題点は、「声が少ない」ということだと思うのですよ。

 私はいつも試合のダイジェスト動画を作っていますが、今回の試合の動画を作っていて、非常に興味深いものに遭遇しました。これは前半の給水タイムが終わってすぐのプレー。相手にPKを与えることになった危険な場面の音声がグラフ化された画像です。

 おわかりいただけますかね? サポーターも含めて、赤スポ全体が奇妙なほど「シーン・・・」としているのです。これ、いつもサポーターが馬鹿騒ぎしている赤スポでは本当に珍しいんです。まるでエアポケットのような一瞬でした。

 この局面では、モッチーには背後のFWの動きは視野に入りません。分かっていたらGKに任せようとはしなかったでしょう。「マノン!」でも「背負ってる!」でも「セーフティ!」でも、何でもいいから、周りが一声かければ、何事も起きない程度の局面でしかなかったはずです。

 それと後半、原田の横パスがカットされて同点に追いつかれたシーンですが、DFラインで横パスをカットされ、その後自分の背後から出てきた相手にボールを奪われて失点まで持って行かれたという結果だけを見れば、確かに原田のミスではあります。

 しかしこれを「個人のミス」として責任を一人に帰すべきではないでしょう。また同様に、「キリカエ!キリカエ!」とおなじみの呪文を唱えて問題点を放置してしまっても、成長には繋がりません。

 原田がボールを持った時、どれだけ味方がパスコースに顔を出してやれていたのか。

 原田にもっと安全な選択もあることを教えてやれていたのか。

 そこを省みてやる必要があるはずです。

 まず築からリターンを受けると、原田はボールをトラップしつつ周囲の状況を視認します。

 サイドに開いていく満城は見えますが、やや遠いか。築へのリターンは#17に切られていますし、#4がすぐに寄せに来そうなので苦しいパスになりそうです。

 そこで原田は切り返して逆サイドへの展開を試みます。切り返した瞬間に逆サイドでフリーの稲見が見えたはずです。

 このあと視線をボールに向けてドリブルします。

 パスを出す瞬間も視線は下。

 そのため、周囲の状況把握が更新されておらず、一瞬前のもののままになってしまっていて、パスコースを切ろうとして動いてくる#9の動きが認識できていません。原田がパスを出して顔上げた時、#9が目の前にいてきっと血の気が引いたことでしょう。さらに背後に置いてきた#17番が死角から飛び出してます。

 原田が初めに築からリターンを受けて、切り返してドリブルに入る間に、モッチーは原田の斜め後のフォローポジションを取るために動いていましたが、他の周りの選手は割と棒立ちになってしまっています。

 もっとマークを剥がしてパスを受けてやれるように動いてあげないと。

 ここでは田熊君がもう少し落ちて、受けに行ってやってもいいかも。田熊君も本職はサイドバックだから、同じサイドバックとして、ここは助けに来て欲しいのも察してやってほしいところ。

 そしてモッチーやホリケンは「下げてもいいぞ!」と原田に声をかけてやって、新しい情報を入れてやっていたかどうか。

 ここで再び第二次世界大戦における偉大な撃墜王の言葉を引用しましょう。

 「僚機を失った者は戦術的に負けている」

 これぞエースの中のエース、352機を撃墜したドイツ空軍のエーリヒ・ハルトマンの言葉です。彼は1405回の出撃の中で、一度も戦友を戦死させることはありませんでした。

 たとえ近くにいたとしても、連携が取れず、「チーム」として協力を実現できていなければ、孤立して一人で戦っているのと同じです。それはですでに「戦術的に負けている」のです。

 そして事故というのは往々にして「・・・だろう」という楽観的な予測に基づいて行動してしまう時に発生します。いわゆる「だろう運転」ですね。それに対して事故を防止するために重要なのが「かもしれない」という予測を持つことです。こうした予測に基づいてポジショニングを修正したり、味方にコーチングをかけたり、といった本当にごくごく基本的なことをもう一度改めて徹底することが、今後より実力のあるチームとの対戦が続リーグ戦では求められるはずです。何と言っても「サッカーはミスが9割」のスポーツなんですから。

 いや〜、対戦相手が第一三共だっただけに、いい“薬”になりましたねぇ(ドヤッ)

 って、全然面白くねーよ!

 とにかく、ホント、勝てて良かったよ・・・


2015年6月2日(火曜日)

勝手にSPERIOクロニクル@新 日本人が知っておくべきSPERIO城北の3大ゾーンDF崩し

カテゴリー: - yamaneko @ 22時32分58秒

 前回のエントリでは何だか相手チームのことばっかり褒めてしまったので、今日はあらためて城北のいいプレーに注目していこうと思います。

 前回、割と「組織」 vs 「個の力」のような筋立てで記事を書いたのですが、城北が「組織」として相手の守備を崩せてなかった、という訳では決してありません。

 特に、後半の立ち上がりに3回のチャンスを立て続けに作った場面では、効果的な4-4-2ゾーンディフェンス崩しを行うことができていました。それをご覧いただきたいのです。(ダイジェスト動画だと3:35あたりからになります。)

 相手のフォーメーションがどうであろうと、最優先に攻略すべきスペースはDFラインの裏のスペースです。そして次がいわゆるDFラインとMFのラインの間、いわゆる「バイタルエリア」ですね。ただ当然ここは相手も注意深くケアしてますから、ここにいきなりボールを入れるのはなかなか難しい。

 そこで有効に使いたいのが

 機FWとMFの間。

 供SHとCHの間。

 ということになります。(本当はDFラインの裏、というのも細分化していくべきなのですが、今回は割愛)

■その1 後半1分:「間受け」

 画像の場面は、左サイドの小林築が原田にボールを戻し、さらにモッチーまで戻ってきたところです。

 相手の守備網のスライドが間に合わず、田熊が中央でフリーになっています。まずこれが≪帰笋FWとMFの間のスペースです。

 相手FWの守備への献身性にもよりますが、ここでは比較的楽にボールを保持できます。城北では成岡がボールを捌くことが多い場所ですね。

 このスペースを経由してボールをサイドに散らし、相手の守備のブロックをスライドさせていく。これをくり返せば相手は相当走らされることになって消耗しますし、スライドが追いつかないと、ゾーンDFの編み目が緩くなり、使えるスペースが広がってくることも期待できるでしょう。

 さて田熊がボールを持ったところで相手のCHが1枚田熊に寄せてきます。これはゾーンディフェンスのセオリー通りの動き。ただNTT DATAの4枚のMFはやや直線的になってしまっており、斜め後のフォローポジションには若干つくことができていません。

 そしてここで田熊はモッチーからのボールを遠い方の足でトラップ、体を使ってボールを相手から隠しながらターンして、前を向くことに成功します。ここで前を向けるのは実に大きいです。先ほど述べたとおり、MFのラインが直線的になっていて「深さ」がないため、ここで一人剥がされるとNTT DATAには<二の矢>がありません。前方にはがら空きのバイタルエリア。

 そして前を向いた田熊は即座にサイドに開いたヨネに展開。これは体の向きからも自然なプレーですし、何よりスピーディです。ヨネは稲見とワンツーから縦に突破。横(右)→横(左)→縦と矢継ぎ早にボールを動かして、相手のDFを大きく揺さぶっていきます。

 この時、稲見が使ったポジションが≪侠笋SHとCHの間、ということになります。ここで起点を作れれば、DFラインの裏のスペースの攻略まであと一歩、チェックメイトです。これがいわゆる「間受け」。ゾーンDFを破るために重要なポジショニングです。

 稲見の周囲のスペースが非常に広くなっているのがおわかりかと思いますが、田熊がマークを剥がしてフリーで前向いたもんだから、DFはラインを上げられないんですね。「ボールホルダーにプレスがかかっていない時はラインを下げる」、というのはゾーンDFの基本です。だからラインを押し上げてスペースを小さくすることができません。

 しかも、田熊がターンして顔を上げた時、稲見は右のヨネに向けて指をさしていて、自分は一番近いDFから数歩、離れる予備動作を入れてます。これで完全に4人のDFが構成する四角形の中でヨネからのボールを受けられる位置についたわけです。

 つまり私が強く訴えたいのは、「亮太はたまたまそこにいたわけではなく、しっかり意図的に有効なポジショニングを実現していたのだ」ということなのです。

 中央では小池がDFの背後を狙って視野から消える予備動作を開始しています。ヨネは相手DFに対処する余裕を与えず、ダイレクトでアーリークロスを中央へ入れました。これもいい判断です。小池はフリーでヘッダーを打ちますが、枠を捉えられませんでした。

■その2 後半3分:「縦パス」と「ギャップ」の活用

 中郷が前線に送ったフィードをNTT DATAのCBが跳ねかえして城北陣内まで戻ってきます。画像は、このボールをヨネが自陣から前線の小池にダイレクトでクサビを入れようとしているところです。

 さりげないプレーに見えますが、ヨネのビルドアップのセンスはさすがです。これで中盤の守備者は全員置き去りになりました。ゾーンDFが敷く守備の網を突破する上で、やはり縦パスは不可欠です。

 さらにこのクサビを受ける小池の動きが実にいい。

 少し自陣方向に降りながら受けるのですが、この動きにマーカーが付いてきます。というか、DFラインの前、つまりバイタルエリアで自由にクサビを受けるのを放っておくわけにはいきませんから、付いていかざるを得ないのです。

 すると当然DFラインにギャップが生じることになります。本来、DFが一枚前に釣り出された時には、周囲の選手が中に絞ってカバーに入らないといけないのですが、ヨネのパスの展開が早すぎて、その動きが間に合っていません。この裏のスペースを狙って満城が走り出そうとしています。

 さらに、小池はこのボールをフリックで後ろのスペースに流します。ゾーンで守るDFラインには必ずこうしたギャップができることを見越した素晴らしい判断です。満城は左サイドの築にパスを出して築がシュート。これは枠を外れましたが、素晴らしい速攻です。

■その3 後半4分:「フリック」

 画像は築のシュートが外れ、相手のGKからリスタートした場面。ゴールキックをモッチーがヘディングで前にはじき返そうとしているところです。

 ちなみにこの場面では、城北のDFラインは理想的な3-1のカバーリングを行うことができています。このクリアボールがバイタルエリアにいる小池まで通ります。

 クリアを単なるはね返しで終わらせず、味方に繋いだモッチーも素晴らしいのですが、やはり小池の事前のポジショニングも素晴らしい。動画で確認すると、GKがキックの助走に入った時に、数歩動いてしっかりバイタルエリアの中央にポジションを移しているのです(この時満城が前線に張ってDFラインを牽制してくれているので、小池が浮いた位置を取ることができている)。そしてこのボールを再びフリックして成岡に流します。

  「縦のスピード」を強調するハリルジャパンもフリックやスルーを多様する傾向があることからもわかるように、フリックは攻撃スピードを加速させることを可能にします。これは敵の守備陣形が整う前に攻撃を完遂するための、非常に有効な武器だといえるでしょう。

 ちなみに、ゾーンディフェンスを崩す上でのフリックの重要性について、サッカーライターの西部謙司さんが次のように解説しておられます。

 ・・・なぜフリックが決定的かというと、ゾーン攻略の定石である「間につなぐ」は諸刃の剣だからだ。確かにゾーンには隙間が生じやすく、そこへつなげば守備のズレとスペースが生じやすい。しかし一方で、守備側はボールを受けた選手を囲い込んでの奪取を狙っているのだ。「間へつなぐ」は肉を切らせて骨を断つ攻め方で、守備の網が収縮しきる前にボールを逃がさなければ、文字どおり網に絡め取られてしまう。(中略)
 ゾーンの隙間にパスを入れても、普通に止めてパスをするだけではカットされる危険も大きい。攻略の定石となっている「間へつなぐ」パスワークで、フリックは非常に重要なテクニックになっている。
(西部謙司,『サッカーで大事なことは、すべてゲームの中にある』14p,出版芸術社,H25)

 この場面などまさしく、ワントラップしてボールをコントロールしようとすると周囲のDFに囲まれてボールを奪われる危険も大きくなります。ですから、ここでのフリックの判断はやはり適切だし、何と言っても、このプレーでバイタルエリアで前を向いている成岡にボールを渡すことに成功したわけです。

 ここでNTT DATAのCBは、ボールがフリックによって斜めに動いたこと、そして満城が一度外に向かって抜けようとする予備動作を入れたことで、意識と体重を外に向けざるを得ませんでした。いわゆる「矢印が出てる」状態になっています。それを見越して成岡はその背後にスルーパスを通すのです。相変わらずドSですね。

 ボールはコロコロとゆっくり転がっているのに、DFは体重移動に時間がかかり、このボールをカットすることができません。その後は満城がGKと一対一となりシュート、しかしこれは惜しくもクロスバーに当たってしまいます。

 と、スペリオ城北は実に効果的、かつ組織的に相手の守備を破ることに成功していたのだと、有権者の皆様に、強く訴えたいのであります。

* * * * 

 ただ・・・

 こんだけチャンス作ったんならちゃんと決めなきゃダメじゃない!!(byマツコデラックス)

* * * *

 とはいえ、成岡のFKは別として、相手の攻守の切り替えの瞬間を付いた田熊の2点目、満城の引き起こすパルプンテな出来事から生まれた3点目&4点目、築がFKを素早くリスタートして、相手に準備する余裕を与えなかった5点目、組織で守る相手を崩すには、

 「ピッチ上に組織が想定してないカオスを作り出す」

 という4つめの手段がとても重要、ということになるんでしょうね。

 尻切れトンボになっちゃいましたが、このへんで。

 
 

 

 


2015年6月1日(月曜日)

勝手にSPERIOクロニクル@NTT DATA FC戦

カテゴリー: - yamaneko @ 19時12分49秒

 全13試合を戦うリーグ戦もすでに4試合を消化し、いよいよ中盤戦にさしかかってくることになりました。このあたりからは実力中位のクラブとの対戦になってきます。

 今節の対戦相手はNTT DATA FCさん。昨年は2部1ブロックに所属し、3勝5敗5分けの7位という成績でフィニッシュしています。13得点という数字はブロック最少ながらも、19失点という堅守(ブロック中5位)で、しぶとく勝ち点を拾ってこの成績を残してきたようです。

 ですが、前節に行われたアローレはちきたの対戦では何と7失点を喫しての大敗。こうなってくるとNTTさん、一体守備が固いのかユルいのか、よくわかんなくなってきちゃいますね・・・。

 両チームのスターティングフォーメーションは以下の通り。NTT DATAも4-4-2の配置のようで、マッチアップでズレが生じる場所はありません。

 磯部が3ヶ月チームを離れることになり、長澤が肩を負傷中ということで、FWの先発がどうなるかが大注目だったのは前回のブログでも書きましたが、吉見監督は満城&小池というフレッシュな二人を送り込んできました。

 小池選手はこれがSPERIO城北での公式戦初出場となります。そして前回の出場では右SBに入っていた田熊ですが、今節はCHでの出場。

【2015】SPERIO城北− NTT DATA FC【TSL-5】

 城北は序盤の早い時間にいくつかあった決定機をモノにすることができず、ここを何とかしのいだことでNTT DATAが落ち着きを取り戻してくると、試合は膠着した展開を見せるようになりました。この膠着の要因は、NTT DATAの4-4-2ゾーンによる守備組織が非常に効果的に整備されていた点にありました。チャレンジ&カバーがよく遂行されていて、城北の攻撃をアタッキングサードで詰まらせることに成功していました。

 感心した場面はいくつもありましたが、たとえばこの場面。前半20分ほどです。

 右サイドで田熊がボールをインターセプトしたところ。
 この時、ボールサイドのSBはセオリー通りに高い位置をとっているとともに、NTT#10がしっかりCHの斜め後、フォローポジションを取っている点がいい。

 そしてこのSBと#10が早めに田熊に寄せてきます。

 中央へのパスコースが消され、サイドも切られているので、田熊は逆サイドへの展開を余儀なくされます。

 この場面は稲見にボールが渡ったところ(この時間帯では小林と稲見がポジションを入れ替えていて、稲見が左にいる)。

 大きなサイドチェンジが効を奏し、左サイドには大きなスペースが広がっており、そこをめがけて原田がオーバーラップをしかけようとしています。

 稲見はシンプルに原田にボールをあずけますが、NTTの横へのスライドが非常に早く、原田はサイドで詰まることになります。

 この場面、サイドで詰まった原田が一旦稲見にボールを戻すところです。

 NTT DATAとしては、サイドチェンジは許しましたが、城北がそれに要した時間を使ってここまで守備陣形を立て直しているわけです。DFラインも果敢に高い。しかし、田熊に寄せていた#10はその後転倒したりしていたので、まだふさぎ切れていないスペースが残っていて、成岡がそのスペースを狙って動きだしています。

 しかし#10が何とかこのスペースに戻ってくることに成功。それによって完成したのは・・・

 まさに4-4-2ゾーンディフェンスの理想型!

 成岡に対して#10が厳しく当たりにいったことでさすがの成岡も有効なプレーをすることができず、結局、NTT#7がボールを回収することになりました。これだけしっかりと高い守備意識で組織を作られると、はやりそう簡単には崩せないのですね。これが「セオリー」の力というものなのでしょう。いやあ、いいチームだよNTT DATA。ディシプリンの高いチームです。

 参考動画:【図解】4-4-2・ゾーンディフェンスのケーススタディ【サッカー】

 ・・・たぶん、この20分くらいまでの時間って、序盤の決定的な場面もしのいだし、守備が機能しだして相手にも決して自由にはやらせていないし、遠目からとは言え何本かシュートも打てているしで、NTT DATAの選手たちはきっと「十分にやれている」という感触をつかみ始めていたのではないかと思うのですよ。

 しかし、そこで出てくるのがこの男。

 成岡宏亮。

 FKならもうゾーンディフェンスも何もあったもんじゃない。枠を外れるんじゃないかという高さから急激に曲がって落ちてきます。すげぇ。ただひたすら、すげぇ。 相手からしたら理不尽とさえ言える一撃。ただ敢えて言うなら、壁2枚は少なすぎたかもね・・・(にしてもこの壁近くないすっか?)。

 その直後、全体が攻撃に移ろうという最悪のタイミングで米口に高い位置でボールをカットされ、中盤の底から前線に飛び出してきた田熊を捉まえきれず、立て続けに2失点目を喫するNTT DATA。

 さらに満城が頭でそらしたボールに自分で追いつくという「一人でポストプレー」から独走。ただ満城のファーストタッチは完全に大きすぎて、飛び出したGKが十分に処理できそうだったのですが、GKのクリアボールが味方DFに当たって満城の前にこぼれるというアンビリーバブル発生。これを満城が押し込んで3点目。

 城北のこの2つのゴールは、どちらもクリアしようとしたボールが城北の選手の目の前に落ちてくるという、かなり運の要素の強いもので、NTT DATAとしたら「どうしてこうなった!?」という失点だったろうと思います。

 ただ一方で、2点目はゾーンの隙間に巧みに入り込んで突破する田熊の戦術的センス、そして3点目は満城の尋常ならざるスピードという個人の能力があってこそ実現できた状況であったことも確かで、組織を破る「個の力」というものを感じさせられた試合でありました。そして、やはりこのチームの守備を打ち破って7点取ってるアローレはちきたの「個の力」というものも、十分な警戒が必要、ということになります。

* * * *

 小池や田熊のなど新加入選手のパフォーマンスについて、それぞれもっと触れていきたいのですが、すでに十分長い文章になってるし、ちょっと時間がありませんので、今日はこの辺で。どうもすみません。


28 queries. 0.069 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2015年 6月
« 5月   7月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET