ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2012年3月29日(木曜日)

3/29 今日の登録。

カテゴリー: - yamaneko @ 21時32分58秒

 今日の登録はフロムの本を5冊。実はライヒの『ファシズムの大衆心理』(上下)もあったのだが、改めて中調べてみたら致命的なほど書き込みが多くてお店に出すのは断念。機会があったら100均箱にでも入れて販売しよう。

【3/29の登録】
——————————————————————————–

『フロイトの使命』 商品詳細へ

『フロイトの使命』 エーリッヒ・フロム(みすず書房)

——————————————————————————–

『生きるということ』 商品詳細へ

『生きるということ』 エーリッヒ・フロム(紀伊國屋書房)

——————————————————————————–

『悪について』 商品詳細へ

『悪について』 エーリッヒ・フロム(紀伊國屋書房)

——————————————————————————–

『希望の革命<改訂版>』 商品詳細へ

『希望の革命<改訂版>』 エーリッヒ・フロム(紀伊國屋書店)

——————————————————————————–
『精神分析と唯物論』 商品詳細へ

『精神分析と唯物論』 W・ライヒ/E・フロム(イザラ書房)

——————————————————————————–


2012年3月28日(水曜日)

3/28 本日の登録4点。

カテゴリー: - yamaneko @ 19時10分29秒

 東京もようやく春らしくなって着ましたね。今年は冬が長かった。

 さて、今日はフロイトのものを中心に精神分析に関する書籍を4点登録。今日から数日、心理学、精神分析系の書籍を登録していく予定です。

【3/28の登録】
——————————————————————————–

『フロイトの読み方』 商品詳細へ

『フロイトの読み方』 外林大作(誠心書房)

——————————————————————————–

『フロイトのイタリア 旅・芸術・精神分析』 商品詳細へ

『フロイトのイタリア 旅・芸術・精神分析』 岡田温司(平凡社)

——————————————————————————–

『翻訳としての人間』 商品詳細へ

『翻訳としての人間』 石澤誠一(平凡社)

——————————————————————————–

『シュレーバー』 商品詳細へ

『シュレーバー』 渡部哲夫(平凡社)

——————————————————————————–


2012年3月23日(金曜日)

3/23 絵画・芸術・音楽など、12点登録です。

カテゴリー: - yamaneko @ 00時00分29秒

【3/23の登録】
——————————————————————————–

『永遠なる子供 エゴン・シーレ』 商品詳細へ

『永遠なる子供 エゴン・シーレ』 黒井千次(新潮社)

——————————————————————————–

『怖い絵』 商品詳細へ

『怖い絵』 中野京子(朝日出版社)

——————————————————————————–

『風のイコノロジー 風に寄せる詩と音楽』 商品詳細へ

『風のイコノロジー 風に寄せる詩と音楽』 若桑みどり(主婦の友社)

——————————————————————————–

『ガラ 炎のエロス』 商品詳細へ

『ガラ 炎のエロス』 ドミニク・ボナ(筑摩書房)

——————————————————————————–

『お葉というモデルがいた 夢二、晴雨、武二が描いた女』 商品詳細へ

『お葉というモデルがいた 夢二、晴雨、武二が描いた女』 金森敦子(晶文社)

——————————————————————————–

『朝香宮邸のアール・デコ』 商品詳細へ

『朝香宮邸のアール・デコ』(東京都文化振興会)

——————————————————————————–

『ファッションの歴史〔下〕』 商品詳細へ

『ファッションの歴史〔下〕』 J・アンダーソン・ブラック+マッジ・ガーランド(PARCO出版)

——————————————————————————–

『日本の刺青と英国王室』 商品詳細へ

『日本の刺青と英国王室』 小山騰(藤原書店)

——————————————————————————–

『芸術の規則 I』 商品詳細へ

『芸術の規則 I』 ピエール・ブルデュー(藤原書店)

——————————————————————————–

『おしゃれの哲学 現象学的化粧論』商品詳細へ

『おしゃれの哲学 現象学的化粧論』 石田かおり(理想社)

——————————————————————————–

『カルメンの白いスカーフ 歌姫シミオナートとの40年』 商品詳細へ

『カルメンの白いスカーフ 歌姫シミオナートとの40年』 武谷なおみ(白水社)

——————————————————————————–

『シュトラウス・ファミリー』商品詳細へ

『シュトラウス・ファミリー』 ピーター・ケンプ(音楽之友社)

——————————————————————————–


2012年3月22日(木曜日)

【Football Manager 2012】からイングランドの地方クラブを学ぶ

カテゴリー: - yamaneko @ 02時44分00秒

 いや〜、ほぼ二週間ぶりの更新となってしまいました。

 この間どうしていたかと言うと、「Football Manager 2012」というゲームにすっかりのめり込んでおりました。

 我ながら、これはちょっとのらくらしすぎですw 「人としてどうか…」と思うレベルですね。

 さて、表題にある「Football Manager 2012」というのは、サッカークラブの監督となってクラブを運営するシミュレーションゲームでありまして、ご案内の向きにはことさら説明するまでもないのですが、このゲーム、本当にハンパないゲームです。

 何がハンパないって、そのカバーするリーグの広さと深さ。

 欧州や南米の主要なリーグはいわずもがな、そしてチェコ、ルーマニア、ウクライナ、メキシコ…といった中堅国のリーグも網羅。

 そして、たとえばイングランドならプレミアリーグから数えて何と6部のリーグにあたるカンファレンス〔南/北〕リーグまでプレー可能という、とんでもないマニアックさなのです。

 日本のリーグはとあるゲームメーカー(コ●ミw)の「大人の事情」のために含まれていないのが残念ですが、しかし有志が作成した各種データがありまして、これをゲームに投入すれば、J1、J2はもちろん、JFLから各地域リーグにいたるまで再現可能です。私の入れたデータでは北海道や九州、中国リーグがないのですが、関東リーグなら2部までデータがあります。このソフトは毎年新しいバージョンが出るので、次のシーズンのものになれば、この関東2部に東京23三菱養和といったクラブが加わることになるわけですね。私たちが都リーグで目にした選手たちが一体どんな評価をこのゲームの中で受けるのか、今から楽しみでなりません。というか城北が関東に上がれば世界中のFMマニア達にクラブとして認知してもらえることになるわけで、たいそう夢が膨らみます。だから早く昇格しようw

 ちなみに私が現在指揮しているのはイングランド4部の「AFC Wimbledon」

 はじめもっと下の6部リーグ、カンファレンスリーグ南の「Boreham Wood FC」というクラブで開始してみたのですが、使える人件費予算があまりにも少なくて、ゲームシステムも充分に理解できていない初心者には少々ハードルが高すぎましたw あっという間にいろんなことが「詰んだ」状態になってしまったので、もう少し余裕のあるクラブに変更した次第。とにかく膨大なデータを一つ一つ検討しつつ意思決定をしていかなくてはならないので、中々ゲームが先に進みませんw

 * * * *

 それにしても、ゲームで知ったことををきっかけに、このBoreham Wood FCというクラブについて調べてみたのですが、イングランドのサッカークラブのあり方というものに改めて深く感銘を受けました。関心のある方はBoreham Wood FCの公式サイトを是非ご覧になってみてください。クラブを紹介する手作り感満載の動画が実にいい味だしてます。何と幸せそうなフットボールの景色でしょうか。

 Wikipediaによりますと、Borehamはイングランド東部、エセックス州にある人口わずか4000人の町。Boreham Wood FCは「Wood」の愛称で親しまれています。ホームスタジアム、Meadow Parkのキャパシティは約4500。

 町民全人口 < スタのキャパ www

 さらに‘Boreham Wood Football Club Soccer Centre’と名付けられたトレーニングセンターを所有し、フルサイズの人口芝グラウンドをはじめ、カンファレンス・ルームやギャラリーラウンジ、PCラボといった各種施設も充実。このロッカールームは日本のJ2クラブよりも確実に上等だね…(^^;

 なお、このMeadow Parkはアーセナル・レディースがホームスタジアムとして利用しており、Woodとアーセナルはクラブとして提携関係を結んでいるようです。サイトの写真などを見ると親善試合なども行っているようですね。(なおこうしたクラブ間提携もFootball Manager内では完全に再現されていて、この親善試合の収益はクラブの貴重な財源になります。つくづくすごいゲームですな。)

 さらに、2000ポンド払ってWoodのスポンサーになると、どうやら「アーセナルの試合を“最高の座席”で観戦できる権」がもらえるらしい。Wood、なかなかの商売上手ですw

 しかーも! ただ試合が観られるというだけではなくって、何とアーセナルの選手のサイン入りゲームシャツやサインボールがもらえちゃう。そしてラウンジではシャンパンに“ア・ラ・カルト”の食事(ここ強調してるw おそらく単なる仕出し弁当みたいな代物じゃなくて自由にメニューからオーダーしていいぜ、ってことなんでしょう)、そしてワインやビールはもちろん無料。この素晴らしいスポンサーシップの権利は残りあと2枠!ぜひお早めに!!

 他にもこのクラブはPASE (Programme for Academic and Sporting Excellence)という試みを行っていて、これはサッカー選手としての若年層の才能の救い上げというだけでなく、同時により高度な教育機会の提供プログラムでもあるみたい。それに加えて、どうやら職業訓練プログラムの提供といった事業までおこなっているみたいなんだな、ざっと読む限り。こういう風に、決してカテゴリーのトップに位置するわけではない小さなクラブであっても、それがその地域のアソシエーションの一角として存在し得ているということが素晴らしい。こういうところにこそ、将来の城北が目指していくクラブの姿のあり方があるのではないかな、と思うのでした。

 とにかく、まさに隣の芝生が青々として見えるというか、やっぱイングランドのサッカー環境の奥行きの深さには素直に「すげーなー」と頭を垂れざるを得ないです。うらやましい限りです。


2012年3月21日(水曜日)

映画・演劇関連の本を12点登録しました〜

カテゴリー: - yamaneko @ 17時47分50秒

【3/21の登録】
——————————————————————————–

『トリュフォー ある映画的人生』 商品詳細へ

『トリュフォー ある映画的人生』 山田宏一(平凡社房)

——————————————————————————–

『ヴィスコンティ集成』 商品詳細へ

『ヴィスコンティ集成』 フィルムアート社編( フィルムアート社)

——————————————————————————–

『映画秘宝期間限定版 ベストテンなんかぶっとばせ!!』 商品詳細へ

『映画秘宝期間限定版 ベストテンなんかぶっとばせ!!』 洋泉社MOOK(洋泉社)

——————————————————————————–

『映画宝島 地獄のハリウッド!』 商品詳細へ

『映画宝島 地獄のハリウッド!』(JICC出版局)

——————————————————————————–

『映画と共に歩んだわが半生記』 商品詳細へ

『映画と共に歩んだわが半生記』 淀川長治(近代映画社)

——————————————————————————–

『私のチャップリン』 商品詳細へ

『私のチャップリン』 淀川長治(PHP研究所)

——————————————————————————–

『「生きる」という贅沢』 商品詳細へ

『「生きる」という贅沢』 淀川長治(日本経済新聞社)

——————————————————————————–

『『エヴァ』の遺せしもの』 商品詳細へ

『『エヴァ』の遺せしもの』 ポップカルチャー・クリティーク0.(青弓社)

——————————————————————————–

『花供養』 商品詳細へ

『花供養』 白洲正子・多田富雄(藤原書店)

——————————————————————————–

『朝日のような夕日をつれて』 商品詳細へ

『朝日のような夕日をつれて』 鴻上尚史(弓立社)

——————————————————————————–

『別役実の人体カタログ』商品詳細へ

『別役実の人体カタログ』 別役実(平凡社)

——————————————————————————–

『演出家の仕事 六〇年代・アングラ・演劇革命』 商品詳細へ

『演出家の仕事 六〇年代・アングラ・演劇革命』 日本演出者協会+西堂行人編(れんが書房新社)

——————————————————————————–

『戦後新劇』商品詳細へ

『戦後新劇』 日本演出者協会編(れんが書房新社)

——————————————————————————–


2012年3月7日(水曜日)

のらくらな日々 3/7

カテゴリー: - yamaneko @ 12時44分48秒

 今日の登録は思想系の本を12点。テーマ的にはややとりとめがありませんが。

 これからグラシン紙をかけて化粧をしてあげてから、えっちら倉庫に運びます。

【3/7の登録】
——————————————————————————–

『全体主義の時代経験』 商品詳細へ

『全体主義の時代経験』 藤田省三(みすず書房)

——————————————————————————–

『水俣・アミニズム・エコロジー 鶴見和子曼荼羅? 魂の巻』 商品詳細へ

『水俣・アミニズム・エコロジー 鶴見和子曼荼羅? 魂の巻』 鶴見和子(藤原書店)

——————————————————————————–

『安全学』 商品詳細へ

『安全学』 村上陽一郎(青土社)

——————————————————————————–

『科学について』 商品詳細へ

『科学について』 シモーヌ・ヴェーユ(みすず書房)

——————————————————————————–

『サブジェクトからプロジェクトへ』 商品詳細へ

『サブジェクトからプロジェクトへ』 ヴィレム・フルッサー(東京大学出版会)

——————————————————————————–

『神を殺した男 ダーウィン革命と世紀末』 商品詳細へ

『神を殺した男 ダーウィン革命と世紀末』 丹治愛(講談社)

——————————————————————————–

『監獄の誕生 監視と処罰』 商品詳細へ

『監獄の誕生 監視と処罰』 ミシェル・フーコー(新潮社)

——————————————————————————–

『デリダ 脱構築』 商品詳細へ

『デリダ 脱構築』 高橋哲哉(講談社)

——————————————————————————–

『イスラム報道』 商品詳細へ

『イスラム報道』 エドワード・W・サイード(みすず書房)

——————————————————————————–

『黒い大西洋と知識人の現在』 商品詳細へ

『黒い大西洋と知識人の現在』 市田良彦・ポール・ギルロイ・本橋哲也(松籟社)

——————————————————————————–

『暴力・戦争・リドレス』 商品詳細へ

『暴力・戦争・リドレス』 米山リサ(岩波書店)

——————————————————————————–

『THINKINGオー 第9号 特集:天皇の謎をときます』 商品詳細へ

『THINKINGオー 第9号 特集:天皇の謎をときます』 シ(左右社)

——————————————————————————–


2012年3月6日(火曜日)

のらくらな日々 3/6

カテゴリー: - yamaneko @ 19時42分54秒

 ご飯を作って余裕があったら後で何か書きます。

【3/6の登録】
——————————————————————————–

『愛しすぎる家族が壊れるとき』 商品詳細へ

『愛しすぎる家族が壊れるとき』 信田さよ子(岩波書店)

【関連書】
『結婚帝国 女の岐れ道』 商品詳細へ

『結婚帝国 女の岐れ道』 上野千鶴子・信田さよ子(講談社)

——————————————————————————–

『脱アイデンティティ』 商品詳細へ

『脱アイデンティティ』 上野千鶴子編(勁草書房)

——————————————————————————–

『女ぎらい ニッポンのミソジニー』 商品詳細へ

『女ぎらい ニッポンのミソジニー』 上野千鶴子(紀伊國屋書店)

【関連書】
『クローゼットの認識論 セクシュアリティの20世紀』 商品詳細へ

『クローゼットの認識論 セクシュアリティの20世紀』 イヴ・コゾフスキー・セジウィック(青土社)

——————————————————————————–

『おこげノススメ カルト的男性論』 商品詳細へ

『おこげノススメ カルト的男性論』 小谷真理(青土社)

——————————————————————————–


2012年3月3日(土曜日)

のらくらな日々 3/3

カテゴリー: - yamaneko @ 23時08分24秒

 ・本日は日本史の本を4点登録。わりと民俗史・生活史といった感じのものでまとめられました。

 ・ゼロックス・スーパーカップはジョルジ・ワグネルのチートな一発にやられたw しかし2点取られてからの反攻の迫力は従来の東京にはなかったもので、今シーズンには大いに期待が持てた。負けてる時の東京の反撃といえば、時間がなくなってくると前線に放りこむだけの無理責めという印象が強かったんだけど、しっかりと攻撃の形を作ろうとしていた点に変化を感じた。監督で本当にずい分変わるんだなぁ、と。

 ・明日は山雅の記念すべきJ初見参を味スタに見に行ってきます。山雅の選手の下調べしておかないと全然わかんないや。

【3/3の登録】
——————————————————————————–

『殴り合う貴族たち 平安朝裏源氏物語』 商品詳細へ

『殴り合う貴族たち 平安朝裏源氏物語』 繁田信一(柏書房)

——————————————————————————–

『王朝貴族の悪だくみ』 商品詳細へ

『王朝貴族の悪だくみ 清少納言、危機一髪』 繁田信一(柏書房)

——————————————————————————–

『中世人の経済感覚 「お買い物」からさぐる』 商品詳細へ

『中世人の経済感覚 「お買い物」からさぐる』 本郷恵子(日本放送出版協会)

——————————————————————————–

『お世継ぎのつくりかた 大奥から長屋まで 江戸の性と統治システム』 商品詳細へ

『お世継ぎのつくりかた 大奥から長屋まで 江戸の性と統治システム』 鈴木理生(筑摩書房)

——————————————————————————–


2012年3月2日(金曜日)

のらくらな日々 3/2

カテゴリー: - yamaneko @ 21時31分02秒

 ヴァイツゼッカーさんにもいろいろ批判があることは知っておりますが、それでも日本の政治家に比べれば余程…というか遥かにマシな訳で。少なくともいろいろあった後で、それでも仲良くしようと思うのなら、ぶん殴った方が「でもさぁ、そんなに痛くなかったでしょ? てか大げさwww」とか言っちゃいけないよ。

【3/2の登録】
——————————————————————————–

『ワルシャワ・ゲットー日記 ユダヤ人教師の記録【縮訳版】』 商品詳細へ

『ワルシャワ・ゲットー日記 ユダヤ人教師の記録【縮訳版】』 ハイム・A・カプラン(風行社)

——————————————————————————–

『アウシュヴィッツ収容所私は人間の尊厳を傷つけた……所長ルドルフ・ヘスの告白遺録』 商品詳細へ

『アウシュヴィッツ収容所 私は人間の尊厳を傷つけた……所長ルドルフ・ヘスの告白遺録』 ルドルフ・ヘス(サイマル出版会)

——————————————————————————–

『21世紀の子どもたちに、アウシュヴィッツをいかに教えるか?』 商品詳細へ

『21世紀の子どもたちに、アウシュヴィッツをいかに教えるか?』 ジャン=F・フォルシュ(作品社)

——————————————————————————–

『ヴァイツゼッカー大統領演説集』 商品詳細へ

『ヴァイツゼッカー大統領演説集』 永井清彦編訳(岩波書店)

——————————————————————————–


2012年3月1日(木曜日)

のらくらな日々 3/1

カテゴリー: - yamaneko @ 21時59分31秒

 2月は決算処理やら東京カップやら急に飛び込んできた急ぎの(しかも微妙に量が多い)仕事やらのお陰で、登録作業が全っ然、進みませんでした。今月は心を入れ替えましてドシドシ登録していきたいと思います。

 てな訳で今日は落語関連の書籍を10点ばかり。どうぞよろしくお願いいたします。

 個人的には『楽写』がおすすめ。

 噺家さんの楽屋での様子を写した写真集ですが、この春めでたく真打昇進かなった春風亭一之輔さんがまだ前座で「朝左久」と名乗っていた頃の写真があったりして、興味深いですね。

 また、楽屋で先代三木助の日記を熱心に読み込んでいる四代目三木助の姿が納められた写真などは、見ていて切なくなってしまいます…。

【3/1の登録】
——————————————————————————–

『別冊歴史読本 落語への招待3 落語はこんなにおもしろい!』 商品詳細へ

『別冊歴史読本 落語への招待3 落語はこんなにおもしろい!』 (新人物往来社)

——————————————————————————–

『楽写(がくしゃ)』 商品詳細へ

『楽写(がくしゃ)』 林家彦いち(小学館)

——————————————————————————–

『目白・柏木・黒門町 内儀さんだけはしくじるな』 商品詳細へ

『目白・柏木・黒門町 内儀さんだけはしくじるな』 古今亭八朝・岡本和明(文藝春秋)

——————————————————————————–

『落語の言語学』 商品詳細へ

『落語の言語学』 野村雅昭(平凡社)

——————————————————————————–

『全身落語家読本』 商品詳細へ

『全身落語家読本』 立川志らく(新潮社)

——————————————————————————–

『落語風俗帳』 商品詳細へ

『落語風俗帳』 関山和夫(白水社)

——————————————————————————–
『円朝ざんまい よみがえる江戸・明治のことば』 商品詳細へ

『円朝ざんまい よみがえる江戸・明治のことば』 森まゆみ(平凡社)

——————————————————————————–

『江戸前の男 春風亭柳朝一代記』 商品詳細へ

『江戸前の男 春風亭柳朝一代記』 吉川潮(新潮社)

——————————————————————————–

『快楽亭ブラック 忘れられたニッポン最高の外人タレント』 商品詳細へ

『快楽亭ブラック 忘れられたニッポン最高の外人タレント』 イアン・マッカーサー(講談社)

——————————————————————————–

『御乱心 落語協会分裂騒動と、円生とその弟子たち』 商品詳細へ

『御乱心 落語協会分裂騒動と、円生とその弟子たち』 三遊亭円丈(主婦の友社)

——————————————————————————-


42 queries. 0.151 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2012年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET