ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2011年7月29日(金曜日)

勝手にSPERIOクロニクル@FC GANADOR戦 第2ラウンド

カテゴリー: - yamaneko @ 23時34分06秒

 7/24の日曜日には城北対FC GANADORの試合があったんですが、その後何やかやとバタバタしているうちに、あっという間に金曜日になってしまいました。試合のレポも書いてはいるのですが、なんだかすっかりタイミングを逸してしまった感じです。でもせっかく書いたので、一応アップしておきますね。それと、試合の録画をダイジェストに編集してみましたので、そちらもあわせてどうぞお楽しみください。

第45回 東京都社会人サッカーリーグ
2部2ブロック 第3節
2011/7/24 13:30 kick Off
対 FC GANADOR 戦
試合会場 アミノバイタルフィールド

◎7/24 城北のスターティングメンバー
 

 本日の対戦相手、FC GANADORは現在1勝1敗2分で勝ち点5。対戦成績を見ますと、最近の試合では5失点、4失点と大量失点している試合があるのが目を引きます。そしてスターティングメンバーには小池、清水邦正、谷口、樋上、斉藤望など、古参の城北サポには実に懐かしい名前がチラホラと。
 というのも、対戦相手のFC GANADORは、SPERIO城北の前身、城北ランシールズ時代に監督をされていた西村氏が立ち上げたクラブで、当時キャプテンだった小池選手、初代10番の豊永選手をはじめ、草創期の城北を支えた多くの選手たちが在籍しているのです。
 昨年、城北は2部に昇格してきたGANADORと対戦して0-2で敗戦。この一敗が重くのしかかり、結局は得失点差で昇格を逃す結果となりました。この時はもしかしたら、かつてのクラブの先輩と当たる難しさ、気後れ、のようなものがあったのかもしれません。しかしスペリオの選手も大きく入れ替わり、今となってはクラブの立ち上げ当初から参加している選手はDFの4大島選手だけになりました。もはや気後れはないでしょう。しっかり去年の借りを返してほしいものです。
 ところで、ちょっと小耳に挟んだのですが、GANA35番のフォワード鈴木優也選手は何と以前Fリーグのシュライカー大阪に所属していたとのこと。「元J」ならぬ「元F」ですね。Fリーグでのプレーぶりがどんなだったのかはよくわかりませんが、なんにせよ国内のトップリーグでのプレー経験のある選手がいるというのはブキミです。心してかかりましょう。

 * * * *

 キックオフ直後、クリアボールを高い位置で拾った31小島が左サイドの7シンペーに展開。7シンペーはわずかにタメを作ってから切りかえし、DF2人をかわして右足でクロス。ゴール正面で待ち構えていたのは11佐藤! 相手DFより頭一つ高い打点で合わせたヘッダーのシュートにGKは一歩も動けず。城北が試合開始45秒で見事に先制点をゲットした。佐藤はこれでシーズン3得点目。

 前半13分、20沢田が前線にロングボールをフィード。右サイドに開いた31小島がシンプルにワンタッチで落として13稲見とワンツー、そして中央の7シンペーへ。フリーだー! シンペーはボールをコントロールしてからペナルティアーク付近でミドルシュート!しかしGANAのGK山本が横っ飛びでボールを枠外に弾き出す。

 トップ下に入った鹿島は、高いキープ力を活かして周囲の攻め上がりを促すとともに、自らフィニッシュに絡むなど正にフィールドの中央に君臨。そして同じく重要な働きをしていたのが31小島。後ろに守備力の高い2望月がアンカーとしてどっしりと構えていてくれることもあって、後顧の憂いなくガンガン前に上がって相手にプレッシャーをかけると、高い位置でボールを奪って攻撃の基点となっていた。将棋でたとえると、飛車角の大駒二枚が盤上中央で縦横無尽に“利いている”感じか。そこに7シンペー、13稲見、そして11佐藤がからんでくるとなると、まさに<飛角銀桂、攻め駒が躍動する理想形>というやつである。この後も城北は次々とチャンスを量産していく。

 前半23分、ゴール前での9鹿島のポストプレーに左サイドから走りこんできた31小島が強烈なシュートを放つも相手GKが見事なセーブ。

 前半27分には31小島の積極的な守備から高い位置でボール奪取し、DFラインの裏へスルーパス。これに反応した9鹿島が左サイドのやや角度のないところからゴール右隅を狙ったコントロールショットを試みるも枠外。

 前半30分、相手陣内でねちっこくボールをつないで波状攻撃、最後は16鵜沼の左サイドからのクロスに9鹿島が飛び込み頭で合わせるが、シュートはわずかに枠外へ。チャンスは実にたくさん作ることができているものの、結局追加点を奪えず1-0のまま前半を終了した。

 城北は後半頭から先制ゴールの11佐藤に替えて30村上を投入。佐藤は軽い負傷があった模様。30村上は左サイドのポジションに入り、7シンペーが左サイドからトップ下へスライド、9鹿島が一列上がってワントップに上がる。GANAもメンバー交代、ランシールズ時代にはフォワードやサイドの選手として活躍したGANA7高柳が入る。これもまた懐かしい。

 後半開始直後、再び城北がチャンスを得る。9鹿島が柔らかいポストプレーで落としたボールを受けた31小島が相手の高いDFラインの裏にロングボール。このボールを右サイドから回り込むように走りこんできた13稲見が抑え、そのままトップスピードでPA内に進入。相手DFのタックルを受けて倒された(と思えた)が、ここでホイッスルは鳴らず。その後、城北のボール回しをGANAがファウルで止める場面が多くなる。

 後半6分、GANAの反撃。中央でボールを持って前を向いた8谷口が左サイドに展開、これは一旦20沢田がカットするが、GANA35鈴木がチェックに入ってボールを奪い返すとドリブルで強引に中に切れ込んでから右足でシュート。しかしこれは22石山がセーブ。

 後半9分、連動したプレスから2望月がボールを奪い7シンペーへ。7シンペーは右サイドに開いた31小島にダイレクトで繋ぐ。すると小島はゴール前に向かって躊躇なくアーリークロス。早くて低いクロスボールがアウトスイングしながら鋭く弧を描く。ファーサイドでこのボールに走りこんでくるのは9鹿島! キーパーの動きの逆を狙って丁寧にヘッダーのシュートを放ったが、ボールは惜しくもゴール枠を右へ外れてしまう。さすがにこの逸機にはベンチの吉見監督も頭を抱えたのがスタンドからも見て取れた。
 
 さらに後半10分には2望月のロングフィードから9鹿島が絶好のシュートチャンスを迎えるも、GKのファインセーブに阻まれ得点できない。

 こうして得点機を逸し続けていると、得てして手痛いしっぺ返しを受けるということは、もう改めて学ぶまでもなくさんざ骨身に染みていること。後半17分、この試合最大のピンチが訪れる。ゴールキックをキープしたGANA35鈴木に城北陣内右サイドで基点を作られるとGANA29清水に繋げられ、一旦は4大島の対応で流れは切ったものの、その後スローインのリスタートから7高柳にクロスを上げるのを許してしまい、ファーサイドで完全にフリーになっていたGANA11斉藤にダイレクトボレーを打たれてしまう。ワンチャンスで完全に崩されて、火の出るような強烈なシュートが城北ゴールを襲う。思わず目をつぶりたくなるような場面だったが、ここはさすがの石山、素晴らしい反応ではじき出し、ゴールを守りきった。

 その後、城北は何度も決定的な場面を迎えながら、9鹿島のシュートはサイドネットだったりオフサイドだったりで、相手の息の根を止めることができない。

 後半28分。22石山のゴールキックを9鹿島がポストに入って右サイドの30村上へ。DFラインの裏を狙った村上のパスは一度相手にひっかかったが、それを中央で拾った7シンペーから再び村上、そして左サイドの13稲見へ。稲見はこのパスを右足アウトサイドでエンジェルタッチの素敵なトラップ、わずかに数歩ステップしてシュートコースを作ると思い切りよく右足を振りぬく! ここまで幾度となく好セーブを見せてきたGANAのGKだったが、手前でバウンドしたこのシュートはキャッチしきれず前にはじくのが精一杯。そこに抜け目なく詰めてゴールに押し込んだのは俺たちのキング9鹿島。ついに試合の趨勢を決定付ける追加点をもぎ取ることに成功した。これでスコアは2-0。粘り強くボールを繋いで攻め続けた城北の攻撃がついに実った瞬間であった。

 しかし、その後GANA7高柳にクロスバー直撃のフリーキックを撃たれたり、終了間際にコーナーキックのピンチを作られたりと、試合のクローズの仕方にはやや注文をつけたくなるところはあったものの、なんとか無事に相手にゴールを許さないまま試合終了のホイッスルを迎えることができた。GANADORに対する去年の借りも、キッチリ同じスコアで返すことに成功。できれば倍返ししてあげたかったのだけれど。まあ贅沢は言うまい。得点差は2点だったが、ゲーム内容は素晴らしく、とても充実していた。 
 城北はこれが今シーズン初の連勝。そして二試合連続の無失点勝利である。相手の放り込んでくるロングボールは23小泉が見事に迎撃して空中戦の強さを見せつけ、スピードのある鈴木と清水邦のツートップに対しても4大島が最後まで集中を切らさず、決定的な仕事はほとんどさせなかった。最終ラインのがんばりに加え、前線からの組織的な守備が機能していたことが攻守両面に大きな効果をもたらしていたと言えるだろう。東蹴戦、なすすべもなく敗れたのと同じチームとは正直思えないほどである。

 * * * *

 さあ、次節はいよいよ久しぶりの赤スポでのホームゲームです!

 チーム全体のコンディションは良好、パフォーマンスも上向き。今の状態なら、集まってくれたお客さんにも十分楽しんでもらえる内容のゲームを見せられるのではないだろうかと、心中大いに期するものがあるワタクシです。みなさん、7/31日は赤スポで16:00キックオフです。スタッフ、サポーター一同、たくさんの方のご来場を心よりお待ちしております。


2011年7月27日(水曜日)

お祝い。

カテゴリー: - yamaneko @ 19時17分34秒

 今夜は奥さんのムニャ十ムニャ歳の誕生日です。

 大したプレゼントは用意していないのですが、シャンパンを買ってきました。よく冷やして、ささやかにお祝いしたいと思います。


2011年7月20日(水曜日)

食費について。そして本日の登録3点

カテゴリー: - yamaneko @ 23時10分49秒

 今夜の東京は久しぶりに涼しく、すごしやすいです。台風が接近しているおかげなのですが、この台風のために各地でずい分被害も出ているようなので、涼しいとよろこんでばかりもいられない。
 とは言え連日の寝苦しい夜を一晩だけでも逃れられるのは、やはりありがたいのでありました。このヒンヤリした空気は北海道の実家を思い出します。

 * * * *

 我が家の今夜の晩御飯はスルメイカの一夜干しと、サツマイモを出汁と砂糖で甘く煮付けたもの。昨日の晩に作ったナスの味噌炒め。これは細かくちぎった紫蘇がまぶしてあって、その香りが上品でとてもおいしい。小松菜と油揚げのお味噌汁に、雑穀を混ぜたご飯。箸休めに昆布と椎茸の佃煮。自分で作っておいて何だが、とてもおいしかったです。あ、佃煮は自分で作ってないけどね。

 我が家は収入に比して、食べ物では贅沢しています。ちょっと分不相応に高い材料を買っている、と言えなくもありません。よしながふみの『きのう何食べた?』なんか読むと、二人暮らしで食費の予算は一ヶ月2万5000円。しかもそれでシロさんはそこから「8000円浮かせた!」と言って自分の手腕に感動していたりするのだから、まったく恐れ入ってしまいます。当家ではなかなか3万円を切ることも難しい。お菓子を買いすぎ、という話もあるのですが(笑)

 まあ他のものには大してお金も使っていないのだから、これでご飯まで貧しかったら生きている甲斐もない、という気がしてくるので、この点については自分を多めに見ることにしています。

 では、本日の登録は3点だけ。特に日記の内容とは関係ありませんが、どうぞよろしくお願いします。 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ジェンダーと社会理論』 商品詳細へ

『ジェンダーと社会理論』 江原由美子・山崎敬一編(有斐閣)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『働く/働かない/フェミニズム 家事労働と賃労働の呪縛?!』 商品詳細へ

『働く/働かない/フェミニズム 家事労働と賃労働の呪縛?!』 小倉利丸・大橋由香子(青弓社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ワークライフバランス社会へ』 商品詳細へ

『ワークライフバランス社会へ』 大沢真知子(岩波書店)


2011年7月18日(月曜日)

世界のほまれ

カテゴリー: - yamaneko @ 23時36分18秒

 サッカー女子代表ワールドカップ優勝!

 本当に本当に、久しぶりに心の底から喜べる出来事でした。

 澤のアニキカッコよすぎ。

澤穂希!

 釜本とカズさんを足して2をかけると澤になる、って感じでしょうか。まさにLiving Legendです。やることなすこと神話的。

 延長後半のCKの場面、あの鋭いボールをアウトサイドで合わせて後ろに飛ばすとか信じられない。

 澤と宮間は、往年の釜本・杉山コンビに匹敵する伝説になった気がする。


2011年7月17日(日曜日)

暑さと悲しさでタイトルなんて思いつかない。

カテゴリー: - yamaneko @ 21時51分53秒

 本日は論理学やら言語哲学やらの本をあ7冊登録。当人はロジカルなところなど薬にしたくてもありませんが。

 本当は、これらの本と一緒に『ウィトゲンシュタイン全集』(大修館書店)の第8巻、第10巻も登録するつもりだったのですが、いざ作業しようと取り出してみると、本体の背にカビでダメージが・・・うう(涙)。なんてもったいない。痛恨の一事です。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『論理学の方法』 商品詳細へ

『論理学の方法』 W.v.o.クワイン(岩波書店)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『現代哲学基本論文集機 商品詳細へ

『現代哲学基本論文集機 坂本百大編(勁草書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『言語哲学大全機 商品詳細へ

『言語哲学大全機 飯田隆(勁草書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『行為と規範』 商品詳細へ

『行為と規範』 黒田亘(勁草書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『言語と世界 現象学から構造の哲学へ』 商品詳細へ

『言語と世界 現象学から構造の哲学へ』 田島節夫(勁草書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『論理学の初歩』 商品詳細へ

『論理学の初歩』 大貫義久・白根裕里枝・菅沢龍文・中釜浩一(梓出版会)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『はじめて考えるときのように』 商品詳細へ

『はじめて考えるときのように』 野矢茂樹(PHP研究所)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


2011年7月14日(木曜日)

エラーの原因がわかった。

カテゴリー: - yamaneko @ 18時52分28秒

 Firefox系、あるいはGoogle Chrome系のブラウザで当サイトをご覧の皆様、時々「Status:error」というポップアップが出てきているのではないかと思います。

 何が原因で出るエラーなのか、はじめのうちはわからなかったのですが、どうやら、左メニューの「ショッピングカート」と「カテゴリ一覧」のブロックが“please wait…”というメッセージを出している間にページを移動しようとすると、このエラーメッセージが発せられる模様です(エクスプローラーだと出ないようです)。

 ページを移動する際に、一呼吸おいて左メニューが完全に表示されるのを待っていただければ、このエラーメッセージはでないはずです。ですが、表示されるまで結構時間がかかったりもするし、何とも煩わしい話ですよね。これはZen-cart on XOOPSの作成・配布元で早めに対応してくれるとありがたいのですが・・・さすがに自力では直せません(^^;

 * * * *

 とりあえず、今日も商品登録しました。3冊だけですが。思想史と、文化史ですね。
 『十二支物語』は稀代の碩学、『大漢和辞典』の編纂者、諸橋轍次氏のあふれ出るような学識を堪能できる一冊。それでいて、わからないことには「わからない」ときっぱり書くところがまた、知的廉直が貫かれていて、真摯に学問に臨む姿勢に深く感動する。『大漢和辞典』欲しいなぁ。
 『日本人の法観念 西洋的法観念との比較』は、『ヨーロッパ法史入門』(クヌート・W・ネル/東京大学出版会)と合わせてどうぞ。
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『日本思想史入門』 商品詳細へ

『日本思想史入門』 野口武彦(筑摩書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『日本人の法観念』 商品詳細へ

『日本人の法観念』 大木雅夫(東京大学出版会)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『十二支物語』 商品詳細へ

『十二支物語』 諸橋轍次(大修館書店)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


2011年7月13日(水曜日)

夏の日に奇跡はあるか?

カテゴリー: - yamaneko @ 18時27分38秒

 梅雨があけてからこっち、もう殺人的に暑い日が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。毎日洗濯ができて、結構気分はよかったりしますけど。今日はろびの目のまわりを拭くためのホウ酸水を作ってあげました。

 さて先日も書きましたが、当家ではここ数年、昼間の間はエアコンを入れない暮らしをしています。「慣れ」とは恐ろしいもので、エアコンの効いた部屋に長いこといると、かえっててきめんに体調が悪くなるような体になってしまいました。

 かといって、あんまり暑い部屋の中で仕事をしていては、本当に熱中症にならないとも限りません。まあ大丈夫だろう・・・とは思っているのですが。

 ただ、やはり万が一、ということもあります。

 水分をマメにとったり、濡れタオルで体を拭いて冷やしたり、それなりに冷却対策はしているつもりです。しかしそれでも倒れてしまったら。

 ウチの猫たちはその緊急事態に気づいて、119番に電話をかけてくれるだろうか。

 じずは、私たちが寝ている間に机の上を歩き回ってめちゃくちゃにダイヤルボタンを押した後で、発信してしまことがたまにあるのですが・・・

 救急:「はい、こちら救急です。」
 
 ヌコ:「にゃー」
  
 救急:「どうしましたー?」

 ヌコ:「にゃーん、にゃーん」

 救急:「大丈夫ですかー?」

 ヌコ:「にゃー」

 救急:「・・・いたずらだな。」ガチャ

 ヌコ:「にゃー!にゃー!にゃー!」

 仮に奇跡が起こって電話をかけられたとしても、こうなるのがオチですね。何という無駄な奇跡w

 まあ、いいです。

 * * * *

今日は久しぶりに登録作業ができました。

文化史的な感じの本を7冊登録です。どうぞよろしくお願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『子どものための文化史』 商品詳細へ

『子どものための文化史』 ヴァルター・ベンヤミン (晶文社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『王権の修辞学 フランス王の演出装置を読む』 商品詳細へ

『王権の修辞学 フランス王の演出装置を読む』 今村真介 (講談社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ブルジョワと革命 フランス近代・社会と文学』 商品詳細へ

『ブルジョワと革命 フランス近代・社会と文学』 浜田 泉(成文堂)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『メディア都市パリ』 商品詳細へ

『メディア都市パリ』 山田登世子(青土社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『有名人の法則』 商品詳細へ

『有名人の法則』 山田登世子(河出書房新社)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『ねじとねじ回し この千年で最高の発明品をめぐる物語』 商品詳細へ

『ねじとねじ回し この千年で最高の発明品をめぐる物語』 ヴィトルト・リプチンスキ(早川書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

『文化史のなかのマーラー』 商品詳細へ

『文化史のなかのマーラー』 渡辺裕(筑摩書房)

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


2011年7月10日(日曜日)

マシン・トラブルは続くよ。

カテゴリー: - yamaneko @ 23時56分38秒

 昨日は登録作業をしようと思っていたものの、思わぬPCのトラブルがあって、その解消のためにエライ時間がかかってしまった。

 新しいノートPCを勝ってから、ルータを使ってプリンタを複数のパソコンで共有する設定にしていたのだけど、ノートPCから印刷ができていないことが判明。

 使っているルータはロジテックのLAN-W300N/DR。

 これは無線LANルータでありながら、プリントサーバとしても利用できるという一石二鳥でお手軽なパーツなのですが、プリントの命令を出してもデータがプリンタに飛んでない模様。なんでだ〜、とネットで調べること小一時間。

 どうやらファイアウォールで例外設定をしてアクセスを許可してやらないといけないらしいということがわかる。

 今我が家ではウィルスバスターを使っているけど、2011年版のウィルスバスターはファイアウォールは実装していない。
 なので、Windowsのファイアウォールの方で例外設定をしてやらなくちゃいけないらしい。でも念のため、ウィルスバスターでもロジテックの「USB機器管理ソフト」のプログラムを例外設定にしておく。

 で、ウィンドウズの方でも例外設定をしてあって、USB機器管理ソフトの表示するステータスも「使用できます」となっているのに、それでもどうしてもデータが飛ばない。またしても「なんでだ〜」と調べること小一時間。

 どうやらステータスは「使用できます」ではなく「あなたが使用中です」にならないといけないらしい。でも、何度USB機器(つまりプリンタね)に接続しようとソフトの「接続」ボタンを押しても、どうしてもステータスが「あなたが使用中です」に変わらない。三度調べること小一時間。

 どうやらポート番号19450というのを、TCP/UDP、ともに開放しないといかんらしいということがわかる。
 でもこれは管理ソフトのインストールの時に「例外設定しますか?」と訊かれた時に「はい」と答えれば開放されているはずなのだが・・・だってそうマニュアルに書いてあるし。

 でも念のためということもあるし、もうそれ以外にできる対策もないので、ポートの送受信を手動設定で開放する。すると・・・

 ステータスが「あなたが使用中です」になった! 印刷データも飛んだ! 直った〜!

 ・・・もうヘトヘトです。

 でもロジテックのルータ使ってうまいことプリンタ出力ができなくて困っている方は、四の五の言わずにポート開放を手動で設定すれば大丈夫だと思います。


2011年7月8日(金曜日)

掃除。

カテゴリー: - yamaneko @ 23時00分12秒

 いろいろとタイトな締め切りだった仕事が片付いたので、久しぶりに部屋の掃除をする。

 と言ってもまあ「このくらいは毎日やれよ」って程度の掃除ではあるのだけれど。

 古新聞まとめたり、本を積みなおしたり、掃除機かけたり洗濯したり。

 昨日古新聞をゴミに出せなかったのはイタかった。町内会の回収日を確認しておくことにしよう。

 多少日が傾いてから掃除を始めたのだけれど、汗みどろになってしまった。途中、自分で冷たいカルピスを作って休憩。ウマいねぇ。日本の夏はやっぱり麦茶かカルピスです。

 明日はようやく登録作業できそうです。サイトがぶっ壊れてからホント久しぶり。できるときにどんどんやらないとね。


2011年7月7日(木曜日)

七夕のよしなし事。

カテゴリー: - yamaneko @ 23時39分31秒

 仕事の都合で午前中に立川まで遠出。眠い。

 帰りに池袋のジュンク堂へ。米澤穂信『さよなら妖精』(創元推理文庫)を買う。

 ふと気になってハヤカワ文庫の棚に行って確かめてみると、何と、P・D・ジェイムズの本で現在生きているのは“コーデリア・グレイ”シリーズの二冊のみで、“ダルグリッシュ警視”ものが全て版元品切れになっているという、驚愕の事実を知る。

 P・D・ジェイムズの作品としたら“ダルグリッシュ警視”の作品群が本筋のはずなのだが…結局「キャラの立ってる」作品の方が受けるということか。

* * * *

 その後、奥さんと一緒に池袋の丸亀製麺でうどんを食べる。冷やしかけうどんとイカ天。

 本日は各所の古書店をめぐり、以下を購入。

P・K・ディック『マイノリティ・リポート ディック作品集』(ハヤカワ文庫)
P・K・ディック『死の迷路』(創元推理文庫)
コナン・ドイル『シャーロック・ホームズ最後のあいさつ』(創元推理文庫)
山田風太郎『夜よりほかに聴くものもなし――山田風太郎傑作大全8』(廣済堂文庫)
山田風太郎『棺の中の悦楽』(講談社大衆文学館文庫コレクション)
都築道夫『死体置場の舞踏会』(光文社文庫)
瀧川政次郎『長谷川平蔵 その生涯と人足寄場』(中公文庫)

加部究『大和魂のモダンサッカー クラマーとともに戦った日本代表の物語』(双葉社)
竹澤哲『ジンガ:ブラジリアンフットボールの魅力』(Petit)

 サッカーの本は、なるべく早くお店に投下します。


2011年7月6日(水曜日)

『皮膚の下の頭蓋骨』

カテゴリー: - yamaneko @ 23時48分25秒

P・D・ジェイムズ『皮膚の下の頭蓋骨』(ハヤカワ文庫)読了。

読後に、"A man can be destroyed but not defeated."(人を打ちのめすことはできても、敗北させることはできない)というヘミングウェイの言葉を思い出した。

この作品の核心にあるのは、トリックでもパズルでもなく、まぎれもなくハードボイルド・マインドだ。

巻末の山口雅也氏の解説も簡にして要を得た的確なもの。勉強になった。
 


2011年7月5日(火曜日)

[無題]

カテゴリー: - yamaneko @ 23時47分31秒

 暑いですねぇ。

 我が家のネコもこんなになっておるわけですがw

 私自身はここ数年、なるべく夏でもエアコンを入れずに過ごすようにしてきていましたから、「節電」といっても別段普段と変わることはありません。

 しかしそれは別に暑さを感じないということではない。暑いもんは暑いです。

 ただ、エアコンの効いた室内にいる方が逆に身体にしんどいような気もしています。年なんですかね?

 そして暑い中分厚い文庫本、『皮膚の下の頭蓋骨』(P・D・ジェイムズ/ハヤカワ文庫)を読んでいます。“コーデリア”はやはり相変わらずチャーミングです…。


2011年7月3日(日曜日)

猫たちも元気です。

カテゴリー: - yamaneko @ 23時48分56秒

我が家の猫たちの画像を上げるのも久しぶりです。

↑アホの子っぷり全開で寝そべるじず子さん。

↑これはちょっと前の写真ですが。今は暑いのでもうくっつきませんw


2011年7月2日(土曜日)

やまねこ書店、営業再開しました

カテゴリー: - yamaneko @ 23時44分57秒

 う〜、4月に諸般の事情から一旦サイトを閉鎖しまして、その後復旧するのにまるまる3ヶ月もかかってしまいました。まったくやれやれです。

 本当のところは、まだイロイロと直さなきゃいけない部分とかたくさんあるのですが、そんなこと言っているといつまでたっても再開できないので、見切り発車でオープンしちゃいます。お買い物にご利用いただく基幹のシステム部分については問題なく作動するはずです。

 サイトの外見についてはほとんど変わってません、てか、変えてません。割と気に入っているのです、このデザイン。

 それと、今回のリニューアルに際して、これまで代金をいただいてから商品を発送していたのを、<商品先出し>にして代金は後納していただくことにしました。やっぱり「欲しい!」と思った時にすぐ手に入れていただけるように、こちらで便宜を払うことがサービスだろうな、と今更ながらに思った次第。

 あらためまして、どうぞこれからも「やまねこ書店」をどうぞよろしくお願いいたします。


50 queries. 0.109 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2011年 7月
« 4月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET