ホーム   最新ニュース   お問い合わせ   やまねこBLOG   サイトマップ  
  

ショッピングカート
Please wait...

カテゴリー一覧
Please wait...

やまねこ書店のご利用法

2008年7月29日(火曜日)

7/29の仕入れメモ&猫写真

カテゴリー: - yamaneko @ 23時50分59秒

 ・東京は夜になってから突然の雷雨。

 ・私は雷を見るのは結構好きです。スペクタクルですよね。

 ・でもサッカー場、しかも屋根のない国立競技場であの雨は浴びたくないw

 ・とは言え、リケルメは生で見てみたかった。リケルメが日本に来ることはもうしばらくないだろうし・・・

* * * *

◎今日のネコ写真。先日あやうく野良ネコになってしまいそうになった家ネコ。くつろいでます。
 
 寝るのが仕事。

 ↑油断しきってますねw

おやすみなさい

 野良ネコになっていたら今日の雷雨をどうやってやり過ごしたことでしょうか。

* * * *

 7/29 仕入れメモ。ちょっとだけですけど。

 『日本女性史』(脇田晴子・林玲子・永原和子/吉川弘文館)
 『文禄・慶長の役[壬辰・丁酉倭乱] 文学に刻まれた戦争』 講談社選書メチエ22(崔官/講談社)
 『政治家の条件』(佐々木毅/講談社)
 『対局することば 羽生v.s.ジョイス』(羽生善治・柳瀬尚紀/毎日コミュニケーションズ)
 『アウシュビッツは終わらない あるイタリア人生存者の考察』 朝日選書151(プリーモ・レーヴィ/朝日新聞社)
 『学は堂に満ちて 朝比奈隆 私の履歴書』(朝比奈隆/日本経済新聞社)
 『家 1969-96』 住まい学体系076(安藤忠雄/住まいの図書館出版局)

  


2008年7月28日(月曜日)

ろび君、大地に立つ!

カテゴリー: - yamaneko @ 17時26分29秒

 これはもう昨日のことなのですが・・・

 私が机に向かってとある仕事をしていたところ、遠くの方から雷の音が聞こえてきました。
 断続的に何度も聞こえてきたので、音はまだ遠いけれど、一旦仕事を中断して午前中に干した洗濯物を取り込むことにしました。
 外はずいぶん暑かったから当然もう乾いているだろうと思っていたのですが、網戸を開けて取り込んでみると、あにはからんや、バスタオルなどの大物はまだかなり湿っています。部屋の中に渡してある物干し竿に隙間を作って洗濯物を並べる作業にしばし集中。で、それが終わってからはじめにやっていた仕事に戻りました。

 しばらくすると・・・

 窓の外から
 

 ズトッ

 
 という聞きなれない、何か重いものが落ちる音が聞こえました。
 

 ???

 
 不審に思って目を窓の外へ向けると、何と!

 網戸が全開です。

  「ハァ!?」

 視線を下に落としてみると、まるっこい白黒の猫が不思議そうな顔をしてこちらを見上げています

 ・・・一瞬、頭の中が真っ白になりました。いや、何だ、目の前がくらんくらんした感じ、と言った方が適切か。
 

 ヒー!!! ろびが外に出てる〜!

 
 さっき洗濯物を取り込んだ後、部屋の中に干すのに気をとられ、しかも仕事もやりかけの状態だったため、仕事に戻ることに先に意識が向かってしまい、網戸を閉めるのをすっかり忘れてしまっていたのでした。さっきの「ズトッ」という音はこいつが外に飛び降りた時の音だったのです。猫にあるまじき重たい足音だとは思いますが、もし音がしなかったらしばらくの間まったく気がつかったかもしれません。しかもまずいことに、最近抜け毛がひどかったので首輪を外してブラッシングをしてやることが多く、この日も首輪を外したまま。このまま迷子になったらただの野良猫と変わりありません。
 

 「そこ、を、う、う、動くんじゃないぞ」

 
 とは言ったものの、どうやったら部屋に戻すことができるでしょうか。ベランダのように楽に表に出られるようにはなってはいないのです。窓枠から地面までは結構高さがあります。

 まず手近なところで、窓辺にちいこが食べ残したエサが見つかったので、これで気を引いてみることにしました。お皿を手に持ちサラサラと中のエサをかき混ぜて、「ほら、こっち、エサだよ」と言ってみたのですが、そもそもろびはこのエサにはあんまり見向きもしないのを忘れておりました。効き目なしです。
 
 ろびがすぐに駆け出していくわけでもなく、初めて降りた場所の様子を慎重にうかがっていくれたのは幸いでした。わずかにこちらにも考える猶予があったのです。

 ・・・「猫じゃらし」でこっちに気を引いてみようか。

 そう思い、ちょっとだけ部屋の中を向いてじゃらしを手にしたその瞬間、トトト・・・とろびが動き出しました。
 

 のわ〜!! 動くな!!

 

 その祈りが通じたか、数歩歩くとろびは再びストップ。

 じゃらしどころじゃない! 次に目を切って見失ったらそれでお仕舞いだ! っていうかこれ以上距離が離れたら追いつけなくなる! 選択の余地はもうありませんでした。
 私は窓枠を乗り越えて庭に飛び降り、はだしのままろびにむかってダッシュ。
 うしろから両手で猫のわき腹をつかんで抱き上げると、窓から部屋の中に放り込み、私もエアコンの室外機を足場にして部屋に戻るとバシーン、と窓を閉めました。確保〜!

 自分のとんでもない不注意からのこととは言え、まったくやれやれです。
 昨日は奥さんの誕生日だったというのに、「ろびがいなくなった」なんて報告を聞かせる羽目になっていたら、何と言って謝ればよかったのでしょうか。そもそも謝ってすむことじゃないし・・・。

 ろびと暮らしはじめてから4年間、私たちは「完全室内飼い」を貫いてきましたので、ろびの肉球が大地を踏みしめたのは実に久しぶりのことになります。多分それが幸いしたのでしょう。ろびは外の世界のことをほとんど知りませんから、外に出ても慎重に周囲をうかがっていてくれました。もし少しでも外の世界について勘が働くようなら、トットとどこかへ駆け出していたのかもしれません。
 そうしたら私は今ごろ、泣きながら町中を駆けずり回っていたはずですが。とにもかくにも、大いに肝を冷やした一日でありました。

太平楽


2008年7月26日(土曜日)

J1第19節 FC東京 1-1 横浜Fマリノス

カテゴリー: - yamaneko @ 23時34分13秒

 今日も立川で仕事。夜は花火大会だそうで、昼間からすごい人出。

 思いのほか早く終わったのでオリオン書房ノルテ店まで足を伸ばしてスピヴァクとバトラーの対談、『国家を歌うのは誰か?―グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属』(岩波書店)と『スピヴァクみずからを語る―家・サバルタン・知識人』(みすず書房)を購入。

* * * *

 その後は立川から南武線にのって分倍河原経由で飛田給へ。FC東京対横浜Fマリノス戦。こちらも今日はファイヤーワークスナイト。要するに花火大会。

 試合は序盤から双方点を取り合う展開となり、これは地上も大花火大会かと思ったものの、その後は両チームとも凡ミスを連発。気温は暑いのになんともお寒い試合となりました。
 東京としてはとにかく負けなくて良かったね、という以外には収穫なし。特に後半の内容のなさはちょっと深刻。なんであんなにセカンドボールを拾えないんでしょう? ポジショニング? 身体の使い方? 相手のフィニッシュ精度の低さにどうにか救われたものの、とにかくひたすら波状攻撃を耐え続けた45分となりました。感じたのは閉塞感とストレスだけ。春先の爽快感はどこへ・・・!?


2008年7月24日(木曜日)

ひそかな楽しみ

カテゴリー: - yamaneko @ 23時43分25秒

 今日は仕事の用事で立川へ。
 中央線の中が激冷えなのだけれど、電車を降りたら真昼のドライヤーのような熱風。その後仕事をした場所がまた寒くて、出たら暑くて、電車でまた冷えて・・・と、こんなことを繰り返しているとさすがに身体にこたえます。家に帰り着いたころには何だか頭痛がするような有様。

 ろびのエサがそろそろ切れそうになっていたので、獣医さんのところまでチャリンコを走らせる。今日も待合室は大盛況。犬が多いと吼えあって大変ですな。
 獣医さんからの帰り道、あるスーパーによって「中村のチーズあられ」(1個30円)を10個買う。私はこのお菓子が大好きなのですが、この辺では獣医さんへの途中にあるこのスーパーでしか売ってないのです。でも30円の小袋しか売ってないんですよね〜。昔は大きい袋でも売っていたのに。ろびのエサを買いに行くときのささやかな楽しみです。

中村のチーズあられ(小) 

 その後倉庫まで走って出庫作業。倉庫の中はまたスゴイ暑さ。サウナ級。

 汗だくで帰宅。奥さんがご飯を作っていてくれた。暑い夏こそ汗をかこうということでキムチ鍋。暑い!暑いよ奥さん! でもオイシイ。
 で、これからひとっ風呂浴びて、冷やした麦茶をゴクゴク飲むのです。


2008年7月22日(火曜日)

いやはや何かと

カテゴリー: - yamaneko @ 20時15分43秒

 物入りだな〜(ため息)。

 昨日届いたトランクルームの不動産屋からの一通の通知。

 「今年の10月で契約期限が切れるぞ、これからも使う気があるならきっちり更新料をはらいやがれ」とのこと(もちろんこんな口調じゃないよw)。しかも賃料も200円上がってしまう。うーん、やれやれ。
 その何日か前にはレンタルサーバの会社からドメイン管理料の請求書もきてたし、しばらくしたら1年分のレンタルサーバ料金を捻出しなくちゃいけないし。あ、そうそう、そろそろ発送材も発注しなくちゃいけないんだよね。ひ〜。

 そんなてんてこ舞いな状況で、PCのモニタがいよいよヤバイ。

 電源入れて立ち上がってくる時に、「ビシュッ! ビシュッ!」って音を立てながら画面の中央に閃光が輝きます。
 
 うわ〜きれ〜いw

 ・・・なんて言ってる場合じゃない。ホントに爆発するんじゃないか?

 だましだまし使ってきたけれどもいよいよ駄目か。でもしばらくすると落ち着くんですよね。とはいえ色は正常に出ないんですが。

* * * *

 ここ数日登録した商品を倉庫に入庫しに行く。午後3時頃に出発したのだけれど、やっぱり汗だく。さすが大暑。
 
 いつもの仕入れルートも巡回して、以下の三冊を購入。

 『ミステリと東京』(川本三郎/平凡社)
 『笑学百科』(小林信彦/新潮社)
 『植木等と藤山寛美 喜劇人とその時代』(小林信彦/新潮社)

 小林信彦はいずれも単行本の方。

 帰宅後はとにかくそれまで着ていたものを脱いですぐ洗濯。
 猫と人のトイレ掃除。そしてお風呂の掃除をしつつシャワーで汗を流す。これでようやくサッパリした。
 お風呂上りに洗濯物を干しながら『クローズアップ現代』を見る。今日のテーマはファンドによる公共インフラへの投資・買収の話。紹介されていた事例は宝塚市のもの。京阪神地区のベッドタウンとして安定的な利用が見込め、かつ施設の更新時期にあたっていながら巨額の赤字を抱えているためそれに手をつけられない、つまり事業資金の提供があれば喉から手が出るほどほしい、という絶好の物件。
 うーん、水道事業の民営化ってボリビアのコチャバンバでおきた「水戦争」とかが有名ですが、正直まだどこか「遠く」の出来事として受け取っていた自分。それはもう自分たちにっての非常にリアルな問題になっているのですね。
 以前、料金を滞納すると電気やガスはすぐに供給がとまるが、水がないと人間死んじゃうから、水だけは比較的長く出してくれる、と言われていたものです。民営化されたらバッツリ止まるな。企業はこっちの生存権とか考えてくれないからな。まさに「悪魔の碾き臼」だな。あらためてカール・ポランニーの『大転換』でも読み直そうかしら。
 

 


2008年7月21日(月曜日)

やるときはやる

カテゴリー: - yamaneko @ 22時54分34秒

 点数はすくなめですが、19日の登録に続いて本日も在庫の登録作業。やるときはやる。というか、やれる時にやっとかないと。

 新着商品:7/21 人類学・民俗学関連の本を12点登録しました。

 書き込みなどがないかどうか、ページの中を調べながら、中身が面白くてついつい引き込まれてしまった山口昌男の『人類学的思考』。はっと気づくと30分くらい読んでた。これじゃあ仕事になりません。
 R・ニーダムの『構造と感情』はレヴィ=ストロースの親族論に対して加えられた批判に対して反批判を行ったもの、だそうです。

* * * *

 今朝新聞を読んでいたら、真ん中にパチンコの新機種のオールカラー全面広告が4頁も。

 なんだろう、これは。

 広告収入がないと新聞が成り立たないのもまあ理解できます。できますけど、やっぱり納得はいかない。どうしてわざわざ毎月お金を払って、こんな広告を見せられなくちゃいけないんだろう。

 バブル崩壊の後、銀行が不採算店舗を整理して、駅前の一等地のビルがずい分空きビルになりました。
 その後に入ったのは大体、パチンコ店か、カラオケ店。あるいはドラッグストアチェーンかドンキホーテのような激安ショップ。これでいろんな町の駅前の風景が一変したように思います。風景はとてもどぎつくなって、ひっきりなしの呼び込みの声が、スピーカーから音がエンドレスで鳴り続けるようになりました。
 駅前の空間というのは、その町の「正面玄関」というべき場所であって、それなりに公的な空間であると思うのですが、そこに堂々と“カジノ”(実質的にそうですよね・・・)があるというのは、やっぱりちょっと違和感を感じずにいられないのです。

 単に、私がパチンコがきらいだからそう思えるのかもしれませんが。


2008年7月20日(日曜日)

勝手に「ランシールズ戦記」 カップ戦開幕!

カテゴリー: - yamaneko @ 14時43分16秒

 リーグ戦の真っ最中ではありますが、今日から東京都社会人カップ戦が始まります。
 思えば昨年、このカップ戦が開催されたときには城北はすでにリーグ戦の全日程を消化しておりました。こんなに早くリーグ戦が終わったら、あと半年はどうすればいいのだろうとサポ一同途方に暮れていたところにこのカップ戦が始まったもので、去年は大変ありがたい大会だったのですが、今年はリーグ戦に水を差されるような形になってしまい、あんまりありがたくありません。しかも一応リーグ戦の日程も平行して消化されるらしいので、万が一、この真夏にタフな連戦なんか組まれちゃうと一層ありがたみが薄れてきます。そんなことにならないよう願いたいところですが。

都社会人サッカー3部カップ戦
予選リーグ第1戦 対 012REDSTERS戦
2008/7/20 Kick off 9:30
試合会場:北区北運動場

◎城北のスターティングメンバー

    26桂川   5鹿島   

13稲見    7渡辺   30村上

        27谷口      

28清水 36栗原  4大島  6松江

        20石山

 本日の対戦相手である012REDSTARS さんは、現在3部6ブロックで11チーム中8位(2勝6敗/勝点3/9得点18失点)という成績。
 先週、たまたま城北と同じグラウンドで試合が組まれていたのですが、その時はこれが来週対戦するチームだと私はまったく気づいておらず、のんびり見ていただけなので、チームとしての特色とかまではよくわかりません。

 今日の城北は久しぶりに4バック、アンカーに谷口を置いた4-1-3-2フォーメーション。左サイドに稲見というのが新鮮。

 キックオフ直後からチャンスを量産する城北。
 先制点は前半8分、左サイドでボールを持った稲見が山なりのボールで自分のマーカーの頭を越していくパス、ペナルティエリア左45度ほどの位置でこのボールを受けた5鹿島も右足でちょんと合わせてループシュート。ボールはGKを超えてふわ〜んとゴールへ。1-0

 更に前半12分、左サイドからのCK、キッカーは7渡辺。26桂川が中央からファーサイドに流れていく動きで相手DFを振り切り、左足アウトサイドで見事なボレーを決めた。2-0。開始直後に決定的なのを一つ大きくふかしていた26桂川、これで面目躍如w

 そして前半27分には5鹿島が前線で基点となり、最後は13稲見のシュートでさらに追加点。3-0として前半を終了。

 後半はもう城北のゴールラッシュ。
 開始直後、27谷口がドリブルでするすると左サイド深いところまで侵入、ゴール前にクロスを上げると、ゴール正面にいたのは何とサイドバックの28清水。ゴールを背にしたまま右足をひょいっと上げ、このボールをアウトサイド(つま先かな?)でボレー、ループシュートになってゴールゲット! 説明の難しいシュートです。ジャンプしないで打ったバイシクルシュート、と表現すればいいかな? 言わば“省エネ”バイシクル。4-0

 続いて後半5分、左サイドからのクロス(28清水か?)を13稲見がドンピシャのヘッド。5-0

 後半7分には城北のカウンター。13稲見が左サイドをもんのすごいスピードで駆け上がると、後ろから飛んでくる浮いたボールをワンバウンドさせてから胸でコントロール、ボールを大きく前に運ぶ。スピードを落とさずに一気にゴールライン際まで走ると浮き球のクロス。これを5鹿島が逆サイドのライン際なんとか残して一旦右サイドの30村上に落とすと、30村上はワントラップしてからアーリークロス。PA内で稲見が見事なトラップでポストプレー、サイドからポジションを取り直して再び走りこんできた5鹿島がズドーンとシュート。素晴らしい連動性! 6-0

 後半9分、右サイド30村上のクロスを5鹿島が決めて7-0

 後半13分、城北選手交代、6松江 out → 21鵜沼 in

 後半15分、右サイドからのCK、キッカー7渡辺、ゴール中央で4大島高い打点であわせるもこれは惜しくもクロスバー直撃。

 後半16分、5鹿島のポストプレーから30村上が狙いすましたミドルシュートを鮮やかにゴールネットに突き刺して8-0

 後半18分、再び流れるような連携プレー。ハーフライン付近から7渡辺が左サイドのスペースへスルーパス、13稲見がこれを受けると、稲見を外から追い越していく左サイドバック28清水にパス、清水はゴールライン際までドリブルで深くえぐってから左足でクロス、しかしゴール前鹿島には合わず。

 後半24分、城北選手交代、26桂川&36栗原 out → 31春山&23高橋 in

 そして後半29分、またしても左サイドを13稲見がドリブルで突破、クロスを上げるとファーで待っていた5鹿島が今度は見事なヘッダーでこれを沈めて9-0。鹿島はこれで今日4得点の荒稼ぎ。

 後半32分、5鹿島 out → 34 木村 in

 ・・・ん? 木村?
 そうです、何と今日は木村監督が選手として公式戦で初プレーを見せてくれたのです!
 心ひそかに楽しみにしていましたが、やっと見れました「代打オレ」。
 こんなのはプレッシャーのかからないカップ戦のいいところですね。

 で、興味津々なそのファーストタッチ。トラップしたボールの足への吸い付きかたが何かもう異次元。そしてすぐさま「エッ?」ていうタイミングでDFラインの裏にスルーパス。相手のDFも一瞬固まってましたからね。そのあとは割りと下がり目の位置でボールを散らすような感じでプレー。

 とまあこんな感じで、ゴールシーンを追っかけていくだけでも「お腹いっぱい」。城北サポにとってはコタエラレナイ試合となりました。イイ試合だったなー。けが人も出ずよかったよかった。

 とにかく今日の城北はシンプルにボールを動かすこと、そしてボールを出したら走ってポジションを取り直すことが徹底されていて、面白いようにパスが通った。パス&ゴーが何度も何度も繰り返し行われているから、スペースができる、スペースが使える。
 そしてアンカーの28谷口の低い位置での配球がとてもよかった。28清水、6松江の両サイドバックの上がりを引き出す散らしのパスだけでなく、長いサイドチェンジや縦のスルーパス、そして時には自分でドリブルを仕掛けてクロスやミドルシュートを放つなど、攻守に抜群の存在感。コーチングも貴重。トップ下に入った7渡辺も豊富な運動量と精度の高いコーナーキックで貢献度大。

 試合終了後にバタさんからうかがったのですが、城北は昨晩東京都1部リーグ所属の日立ビルシステムサッカー部(現在3位)と練習試合をしたらしいんですよ。結果は1-2で惜しくも敗れたんですが、昨日の夜に1試合やって、次の日の朝の試合でこんだけ動けるのか! と驚かされました。いや、その前に日立ビルシステムとこれだけやれるのってすごくないか? まあもちろん練習試合ではありますが。

 とにかくチームの上向き加減をしっかり確認することのできたいいゲームでした。みなさんホントにお疲れさま!

 


2008年7月19日(土曜日)

ひさしぶりの新着品です。

カテゴリー: - yamaneko @ 22時05分13秒

 今日ようやく7月最初の在庫登録。

 サボってたわけじゃないんです。いろいろ忙しかったんですホント。

 って、誰に言い訳してるんでしょうね私は(^^;

 新着商品 : 7/19 映画・TV&芸能関連、20冊登録です!

 今日は映画に関する本と、芸能&テレビに関する本。後者については、「芸術」カテゴリの中に、「芸能・テレビ」というサブカテゴリを作ってみました。今のところ登録点数は少ないですが、じっくり増やしていきたいですね。能や歌舞伎などの伝統芸能についての本は「映画・演劇」の方に入れようと思ってます。

 * * * *

 それにしても今日も暑かった・・・昼間はできるだけエアコンを入れないようにしているのですが、気をつけていないと本当に室内にいても熱中症になりそうです。猫はいつもの1.5倍の長さに伸びておりますw
 今日はけっこう早起きして動き出していたんですが、暑さのせいかお昼を過ぎたころから急激に生体機能が低下。何のことはない、要するに「お昼寝」しちゃったんですが、この暑さでは素直に身体の要求に従うのがいいような気がしました。

 で、登録作業をしていると人がダウンする前にPCが突然シャットダウン。

 きたよ・・・

 去年もあったな、同じことが。

 パソコンケースのカバーをはずして、CPUのヒートシンクに触ってみると、これがすごい熱さ。ハードディスクもかなり熱くて、どう見ても熱暴走です。私のPCはグラフィックカードもファンレスタイプなため、ケース内の熱が上がりやすいんですよね。
 ケースの中のエアフローを少しでも改善しないといかんな〜と思い、3台入っているハードディスクのうち、もう使っていない15GBのハードディスク(中身はカラ)を外す。
 これで残り2つのハードディスク同士の間に十分な隙間を作ってあげることができました。
 で、去年と同じように扇風機をPCのそばにドン! と置いてPCの中の熱を扇風機の風で強制排除。これでしばらく動かしてみたところ、どうやらだいぶ落ち着いたみたい。やれやれ。そろそろ組み替えたいなぁ。

* * * *

 今日は奥さんが一番遅いシフトで出勤しているため、これから食事。
 アスパラとベーコンのパスタを作るつもりです。ビールもグラスもいい具合に冷えてます。
 

 


2008年7月15日(火曜日)

ひとやま越えた

カテゴリー: - yamaneko @ 23時36分16秒

 ここのところたて込んでいた別の仕事が今日ようやくひと段落。
 仕事を納品してから、池袋ジュンク堂をぶらついて本を物色。大いに気持ちが緩んだためか、財布の紐も緩みます。『G8サミット徹底批判 その歴史と現在』(ATTACフランス編/作品社)を買う。でもこの一冊だけで我慢。

 家に帰ってからは久しぶりに家事モード。
 まず布団に乾燥機をかける。「この真夏になんで布団乾燥機!?」 と思われるでしょうが、我が家には布団を干せるようなベランダやら物干しみたいな場所がないし、昼間の日当たりも悪いもので、仕方がないのです・・・そりゃあ天日に干した、お日様のにおいのするお布団が一番なんですが。
 1時間半のコースで乾燥機のタイマーをセットして、その間に夕食を作る。
 妻の実家からたくさんジャガイモをいただいたので、これをひき肉と一緒に甘辛く煮付ける。これは『和食の簡単レシピ』(オレンジページ)に載っていた大庭英子さんのお料理。この本はとても気に入っています。
 あとは焼きなす、冷や奴、そしてお味噌汁。豆腐は奮発してちょっといいのを買ってきました。久しぶりに作ったけど、焼きなすって結構地球に厳しいかも。調理法的にw

 支度を終えた後は、冷や奴をつつきながら日本酒などいただきまして、奥さんの帰りを待ちます。

 奥さんと一緒にご飯を食べたあと、日本酒が利いたのか、私はすっかり眠り込んでしまいました。一合くらいしか呑んでないんですが。

 明日は在庫の整理もかねて、部屋の掃除をするつもりです。夕方からは国立で東京×G大阪に参戦の予定。

* * * *

猫、三態

◎暑さで溶ける猫

でれ〜ん

◎ここはお気に入りの場所

ここがね、好きなの

◎宇宙を護る夢を見る。

ああ、補給が受けられなかった・・・


2008年7月13日(日曜日)

勝手に「ランシールズ戦記」 対 Y.I.T.C戦 

カテゴリー: - yamaneko @ 17時02分58秒

 すでに先々週の試合ですが、対FUJI FILM戦を「この雨では中止だな」と軽率なセルフジャッジをして見に行くことができず、悔しい思いをしたやまねこです。6点も入ったのにねぇ・・・。

 本日試合前に確認したところ、その試合での得点者は、村上1ゴール、根立2ゴール、鹿島2ゴール、栗原1ゴール、ということだったようです。そろそろチーム得点王も中間集計を出してみることにしましょう。

 さて、今日の試合会場は青梅線・東中神駅近くにある、昭島市昭和公園グラウンド。
 実は私の母の実家がかつてこの昭島市にあったもので、このあたりは子どもの頃に母親の里帰りで連れられて何度も来たことがあります。実に久しぶりの訪問となりました。こんな形でこの地を訪れることになるとは思ってもみませんでしたけども。それに、この昭和公園も、子どものころに連れてきてもらったことがあったような、なかったような・・・。

 試合開始の1時間ちかく前に到着したので、グラウンドで行なわれている試合をのんびり観戦。
 ちょうど赤のユニフォームのDFがエリア内でハンドの反則を犯して一発レッド&PKという場面でした。その後一人少なくなった赤チームでしたが、前線に残っている太めのFWが暑さのためか体重のためかまったく走れず、実質二人少ないも同じな状況。味方がボールを持つとススス、とサイドに流れていくのですが、これが相手DFよりも、むしろ味方の視野から消えようとしているみたいな動き。まあ、当然その後すぐに交代となりましたけれども。
 で、部屋に帰って調べてみて初めてわかったのですが、この試合は3部6ブロックの FC町田ゼルビア・ツヴァイテ012REDSTARS の試合でした。ということは、この赤いユニフォームのチーム 012REDSTARS は、来週から始まる東京都社会人2部・3部カップ戦初戦の相手ではありませんか。そうと知っていればもう少しまじめに見ておいたのに。

第42回 東京都社会人サッカーリーグ
第18節 対 Y.I.T.C戦
2008/07/13 KICK OFF 13:00
試合会場: 昭和公園グランド

 
◎7/13 城北のスターティングメンバー

     5鹿島   26桂川    

    13稲見    7渡辺    

28清水           30村上
        27谷口      

  21鵜沼   4大島  36栗原  

         20石山      

 Y.I.T.Cさんとは、昨年のカップ戦で一度対戦歴があります。どうにか1-0で勝利することができましたが、その堅いディフェンスは強烈に印象に残っています。今年のリーグ戦の戦績を見ても、2失点以上した試合はありませんし、チームの特徴は消えていないようですね。

 かたや城北は3バック。中盤の底に27谷口を置いて、前線の方はかなり流動的。いわば「ゼロトップ」。5鹿島も26桂川も登録はFWじゃなくてMFですから、ゼロトップなのは掛け値なしでホントですw
 しかしゼロトップシステムに求められるのはチーム全体の運動量。炎天下の13:00キックオフという過酷な条件がもたらす影響が心配です。日本代表と違ってテレビ中継も電通の都合もないんですから、どうかもうちっとマトモな時間にサッカーさせて下さい(><)

* * * *

 キックオフ後のボールの落ちつかない時間帯を乗り切ると、サイドに基点を作って攻撃を組み立てる城北。
 対するY.I.T.Cは中盤台形と思しき4-4-2フォーメーション。27番坊主頭のごついフォワードがターゲットマンになって楔を受け、それに合わせて飛び出してくるような感じか。
 城北ペースで試合は進むものの、この時間ではクロスやパスでのミスも目立った。28清水や30村上がサイドを深くえぐっても最後は囲まれて潰され、中央でもまだまだプレスがきつくて、そう自由にはさせてもらえない。
 立っているだけで体中から汗が出てくるような暑熱の中、試合が動いたのはようやく前半26分頃。
 左サイドで13稲見がボールを持つと中央で7渡辺が前方のスペースへランニング開始。稲見が一瞬のタメを作ってから丁寧にスルーパスを送ると、渡辺これをおちついてゴールに流し込む。城北先制、1-0。 (kobasonさんが動画の撮影に成功してくれたので、丁寧にゴールシーンを再現できました。映像って素晴らしい。) 先制を許したY.I.T.Cは、俄然迫力を増して直ちに攻撃に転ずるも、放り込まれるロングボールに対しては4大島が“制空権”を死守。27谷口を中心とした全員守備で城北がこれをはね返し、1点のリードを保ったまま前半を終了。

 後半に入ると、城北のパス回しのリズムが良くなり、チャンスの数が増えてくる。後半2分には28清水が左サイドをえぐってCKのチャンス。7分には13稲見がドリブルで左サイドを突破してチャンスメイク。そして後半10分、稲見がDFラインの裏へ浮き玉のパス。5鹿島がこれに追いついたものの、相手GKがエリア外に飛び出して鹿島と接触。鹿島は何とか折衝直前にボールに触ったものの、これは惜しくもゴール枠を外れてしまった。GKと接触した場所で城北ボールのFKとなったが、13稲見の蹴ったボールはGKが直接キャッチ。それにしてもエリア外でウチの選手とぶつかった相手GKには、カードはナシでいいのか? まあいいけど。
 その後しばらく試合が膠着したものの、後半23分、ゴール前の混戦から稲見が押し込んで城北が貴重な追加点を奪う。これでスコアは2-0
 さらにその直後、稲見が左サイドで個人技を見せつつドリブル突破、深いところからファーサイドへクロスをあげると26桂川(かな?)がヘッドで落とし、これを拾った7渡辺が右サイド角度の無いところから思い切りよくシュート! ボールは豪快にゴールに突き刺さった! 電光石火の3-0。渡辺は今日これで2点目。
 その後、相手がだいぶ間延びしてきたこともあって中盤にスペースができ、城北はかなり自由にパスが回せるようになってきた。十分ボールをキープして相手を引きつけてから裏のスペースへのスルーパスを狙う城北。この形で再三チャンスをつくり、後半32分、稲見もこの日2点目のゴールをゲット。4-0となり、ほどなく試合終了のホイッスル。

* * * *

 とにかく堅守が自慢の今日の相手から4点取って勝ったというのは、素直にほめていいことだと思います。しかもこの過酷なコンディションの中、メンバーの都合で途中交代のカードも切れず、全員が最後までプレーすることとなったのも本当に大変でした。26桂川なんて後半最後の方はもう顔が真っ赤になっていて、今にも倒れるんじゃないかと心配でしょうがありませんでしたよ。
 今後のリーグ戦のスケジュールは現時点でははっきりしませんが、残りのリーグ戦はすべて上位チームとの対戦。
 ここからが「本当の戦い」だ、と言うべきなのでしょう。今後カップ戦も控えていますけれど、それに勝ったからといって別に昇格させてくれるわけでもありません。いっそのこと戦術の確認や調整の場、練習試合と割り切ってもいいんじゃないかと思うくらいです。7月末には強化合宿も行われるようですし、とにかくリーグ戦、残り三つの試合のために全ての力を結集していきましょう。今年こそ昇格の美酒を我々に・・・!


2008年7月12日(土曜日)

暑くてだれてます。

カテゴリー: - yamaneko @ 23時23分34秒

窓辺のろび

 うへぇぇ、暑いなあ今日は。

 この暑さのせいかわかりませんが、ろびの抜け毛がすごいです。ブラシを書けるとでっかい毛玉がぼわーんとできちゃいます。普通は暑くなる前に抜け終わるんじゃないの? まあいいけども。


2008年7月10日(木曜日)

言い訳。

カテゴリー: - yamaneko @ 22時15分00秒

 先月7日に「ユーロ2008開幕記念」と銘打ってサッカー関連書の在庫登録をして以来、新しい登録作業ができていません。

 いやはや困ったことです。

 しかし別にタマが切れたという訳ではないのです。

 古書店の仕事と別に、もうひとつ、〆切りのある内職がありまして、ここのところ、そちらのスケジュールがいつになくタイトでして。
 途中に「ちいこ騒動」や外市などもあったことから、どうにも在庫登録に手が付けられなかった、というわけです。
 来週の火曜日を過ぎれば、この大きな山場もひと段落するはずですから、何とかなるとおもうのですが・・・今日もこれからもうひと頑張りしないといけません。

 というわけで、困ったときは看板猫に仕事をしてもらいます。ろび君よ、お客様のご機嫌を取ってくれ!

ねむりねこ

 ・・・って、寝てますねw


2008年7月8日(火曜日)

ささやかな進歩

カテゴリー: - yamaneko @ 23時56分02秒

 本日より、やまねこ書店の振替口座の残高をオンラインで確認できるようになりました。

 これまでは、口座を作った郵便局の窓口にいちいち電話をかけて、お客さまからの入金があったかどうかを確認していたのですが、「ゆうちょダイレクト」を利用することで、口座の残高をリアルタイムで確認できるようになったのです。
 これで郵便振替のお客様への発送対応も、幾分か迅速になるはずです。
 
 しかし、オンラインで確認できるのは残高金額だけなので、まったく同一の金額の入金待ちがあった場合は、どちらのお客さまからの入金だったのかまで確認することはできません。そんな時は、従来どおり貯金事務センターから払込表が郵送されてくるのを待たなくてはいけないのです。そういう点は相変わらず不便なのでです・・・まあ、そんなこともそう滅多にあることではありませんから、心配するには及ばないと思いますけれど。

 


2008年7月7日(月曜日)

「外市」 ご来場ありがとうございました!

カテゴリー: - yamaneko @ 23時33分24秒

 7月の外市も無事に終わりました。

 売上げも、さんざんだった前回にくらべれば、まあどうにかこうにか持ち直しまして、店主もひとまずホッとしております(^^;

 ご来場いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

 今回ゲストとして出品されていた「古書うさぎ書林」の芳賀さんにご挨拶できたのもうれしかったですね。芳賀さんの著書である『インターネットで古本屋さんやろうよ!』(大和書房)は、私もサイトを作るときにずい分参考にさせてもらいましたから。

 リンク >> 古書うさぎ書林  

 ※うさぎ書林さんは、今はネット販売を終了して、古本市や販売会での販売を中心にしておられます。

 * * * *

 そうそう、神保町BOOK DIVERさんのところでは、明日から「寄航市 女子とふるぽん」が始まります!
 今回も、ウチの奥さんが出品してます。

 開催期間は 7/8から7/12まで。
 開店時間は11:00から19:30となっております。みなさんこちらもこぞってご訪問くださいませ。

 リンク >> 神保町の秘境 BOOK DIBER

 奥さんの商品搬入を手伝った帰りには往来座さんに立ち寄って、昨日の商品を引き取ってきました。
 ついでにコリン・デクスターの『キドリントンから消えた娘』とレイ・ハリスンの『デスウオッチ』を購入。まだ持っていないミッキー・スピレインの本も2冊あったので、これも大いに欲しかったのですが、今日のところはガマンガマン。瀬戸さんどうもありがとうございました。 


2008年7月5日(土曜日)

「外市」一日目

カテゴリー: - yamaneko @ 23時22分16秒

 池袋・古書往来座さん、7月の外市一日目。

 好天に恵まれてお客さんの出足もよく、私の箱からもボチボチ売れているようです。
 でも値段高めの単行本が動かない。動け!
 
 他の仕事の用事もあったため、夕方で私は現場を離れさせてもらいましたが、心配された夕立もなくなりよりでした。
 ちょっとくたびれていますが、これから明日追加する商品を仕込みます。・・・でも眠いッス。
 


2008年7月4日(金曜日)

暑い!

カテゴリー: - yamaneko @ 23時47分22秒

でれ〜ん
 いやぁ、今日はホント暑かったですね〜。

 気温が28℃を超えると人はアイスクリームよりアイスキャンディーやかき氷が食べたくなるんだそうですが、まったくその通りで、今日は風呂上りに食べたアイスが美味かったです。ちなみに味はカルピス味。

 街にはサミットのために厳戒態勢を敷くおまわりさんが、街角やら駅の中やら、とにかく数十メートルに一人といった感じで配置されています。そんな中、『WTO徹底批判!』(スーザン・ジョージ/作品社)なんてタイトルの本をカバーもかけずに立ち読みしている私。もうそれだけで予防検束されそうですw

 さて、明日はいよいよ「外市」です。
 どうやら明日も暑くなりそうですが、夕方は雨になるかもしれないとのこと。突然の夕立なんてのは一番勘弁してもらいたいところなんですが。


2008年7月1日(火曜日)

ちいこのこと、いろいろ反省。

カテゴリー: - yamaneko @ 21時33分36秒

 ちいこさんの一件とユーロ2008のおかげですっかり生活リズムが狂ってしまいました。
 おまけに別の仕事が忙しかったりしたものですから、ブログのエントリを書くこともままならず。
 で、ちょっとウカウカしていたら、あっという間に7月になっていた、と。

 あれから、ちいこさんは以前と同様、我が家の窓辺にエサを食べにきてくれます。
 その時に背中の傷跡には軟膏を塗ってあげてます。錠剤の消炎剤もとりあえずエサに混ぜてみていますが、これはいつも見事に食べ残してくれます。間違ってペロっと食べても良さそうなもんですが。
 
 それにしても、野良猫を保護するというのは、大変なことだと改めて痛感いたしました。
 また、私たちの居住環境では、やっぱり限界があったことも認めざるをえません。気持ちだけではどうにもできない部分もあります。

 たとえば、普段あまり人の出入りのない部屋にケージか何かを用意して、少しづつ人間と暮らす環境に馴らす、というようなことができないと、猫にかかるストレスは相当なものがあるのではないかと思います。

 トイレのしつけなども、ケージの中に一緒にトイレをいれておけば、そこでしかトイレをすることができないので、自然とトイレを使用することを憶えさせていくことができるそうです。

 また、私たちが用意したトイレ砂はいつもろびが使っているヒノキ廃材のペレットだったのですが、これは木の香りが強くて、触感も土とはずいぶん違うため、初めてトイレを使う野良猫にとってはハードルが高いんだそうです。

 最も自然の土や砂に触感が近いのは鉱物系の猫砂。なお可能なら、一度リードをつけて外に連れて行き、外でオシッコをさせてあげてから、その場所の砂や土をすくってきてトイレに入れてやるという手もあるのだとか。そして少しづつ猫砂の比率を高めて入れ替えていくのです。

 もう一つの問題は、我が家には先住猫もいて、しかもちいこさんはウイルスのダブルキャリアだったということです。ろびを病気から守るためには食器や水の容器を分けなくてはなりませんが、別な部屋を用意してあげることのできない我が家では、結局みんな同じになってしまいます。何故かろびがちいこのエサを食べたがり、ちいこはろびの高〜い(療養食なので)エサを食べたがる。なんでだw

 外にいるとまた他の猫に追っかけられたりしているので、また怪我などしないかと心配ではあるのですが・・・やんぬる哉、という思いです。

  


53 queries. 0.118 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索

カレンダー
2008年 7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリ一覧

最近の投稿

月別過去ログ

Link

Powered by XOOPS Cube 2.1© 2001-2006 XOOPS Cube Project
Theme Designed by OCEAN-NET